知らないほうがいいこと】彼氏の携帯を迷わずみるメンヘラの冒険【なんてあるわけない】

相手の携帯を見るなんてサイテー! そんな薄っぺらい常識、メンヘラの前では通用しません。ザッツ・オール・オア・ナッシング。メンヘラの愛はすべてを飲み込んで(ときに吐き捨てて)いくのです。
元メンヘラ、現リア充のスイスイさんの甘じょっぱいグレートアドベンチャーが紐解かれます。

想像してください。

いま、あなたは恋人の実家にいます。

目の前には、その恋人が小学生からいままでずっと使っている、勉強机があります。
ひょんなことからあなたは、今日その家でひとりきり。数時間は誰も帰ってきません。

そこを覗き見るなんて、パンドラ感、ダメぜったい感、恩返しのツル裏切る感、非道感はんぱないそれ。
それを目の前に、あなたは、どうしますか?

8年前。当時のわたしは迷わず引き出しをすべて開け、中にあるプリクラや写真をすべて見たあと、元カノからの手紙をみつけ、2時間かけてそれをすべて読んだ後、そこに書かれた住所を、その日のうちに探しに行きました。

“なんでそんなことしたのか?”と問われても、「好きだったから」としか言えないのです。好きだから、すべてを知りたかった。逆に私もそのくらい探索されたい。

この思いの根源はメンヘラ特有のフュージョン(融合)願望。ひとつになりたくて、すべてをさらけ出しあい、そのすべてを受けとめあいたい。

つまりいつだって相手への「みたい!知りたい!踏み込みたい!」が起動してしまう。
それゆえの、メンヘラあるある「彼氏の携帯みる」現象。

今日は、メンヘラ界のマルコ・ポーロこと私があゆんだ日々の、個人的見聞録をお伝えするね。

メンヘラは、出島くんを選んで来航しよう。

まだ見ぬ世界への好奇心に従い、世界中を旅する「冒険家」は、その少年のような思いと行動力を讃えられるのに。
まだ見ぬ彼氏世界への好奇心に従って、元カノとの手紙を読んだり携帯をのぞく「メンヘラ」は(というか私は)最低よばわり!

なんで!?

そんな「彼氏の携帯みるなんて最低」派の言うことはだいたい以下の2つ。

① 他人のプライバシーに勝手に踏みこむの最低!論
②「知らない方がいいこと」もあるんだよ!論

である。
もうここで一気に答えたい!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tiara_007 |スイスイ @suisuiayaka |メンヘラ・ハッピー・ホーム 強すぎだw https://t.co/BtMlWgNyC3 3年弱前 replyretweetfavorite

nobuuuu わたしは人の携帯勝手に見るのとか反対派だったのだけど、これ読んだらすごい筋が通り過ぎててなるほどと思えたし勉強になった!けどたぶんこれからもわたしは人の携帯を見ないと思う https://t.co/nhitmudtY0 3年弱前 replyretweetfavorite

neriyco 毎回面白いけど、今回は特に秀逸でした、笑。隠したいことが多いのは良くないっ♫ 3年弱前 replyretweetfavorite

hp_pp こんな「貿易赤字」って単語の使い方初めて見たわ。 3年弱前 replyretweetfavorite