知ったかぶりはすぐバレる

今回のテーマは、男ならついついしてしまう「知ったかぶり」。どういうタイプが知ったかぶりをしてしまうのでしょう。それを探るうち、恋愛に応用できる知ったかぶり利用法が見えてきました。

ちょっと詳しい人ほど知ったかぶりをしたがる

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

ところであなたは「知ったかぶり」をしたことありますか? もちろんありますよね。僕もよくします。たぶんみんな「知ったかぶり」はするべきではないとわかっていながら、ついついやってしまいますよね。

ところで常々気になっていることがありまして、男性ってよく女性に「俺語り」をしてしまいますよね。「俺が若かった頃はこんなヤンチャやってしまったんだよね」とか「今はあの街はあんな感じだけど昔はこうだったんだよ」とか。あるいは自分が夢中になっている音楽の話や車の話、サッカーでもグルメでもなんでもいいのですが、そういう話を延々と「俺語り」してしまいます。

そのことについて常々、女性はどう感じているのか気になっていたんです。というのは、だいたいそういうことって、「生半可な人」がやりがちなんですね。想像していただければわかるかと思うのですが、すごく有名なジャズ評論家がいたとして、その人はまず仕事でもないのにべらべらとジャズについて語ったりしないんです。もちろん、こちらが「あのアーティストってどうですか?」って質問すると丁寧に答えてくれます。でも、まず「ジャズって言う音楽はね」って感じで語ったりしません。この感じ、わかりますよね。つまり、語っている人って、「ちょっと詳しい人」である場合が多いんです。

ところで、女性ってふとした瞬間に本質的な質問をしてくることがよくあります。例えば男性が「ジャズという音楽はアフリカからきた人のリズム感が~」って感じの、本でも読んで得ただけの知識を語ると、女性が「じゃあアフリカにもジャズはあるの?」とか、「ブラジルにもアフリカ系の人がたくさんいるけど、どうしてブラジルにジャズは生まれなかったの?」って感じの「え!?」っていう突っ込みをします。

そういうとき、ちょっと詳しいくらいだと適当にはぐらかしたり、うろたえたりします。本を読んで得ただけの知識なので、その本に出ていないことを聞かれると答えられないんです。そういうことが何度か重なり、今までの「知ったかぶり」がバレてしまいます。

知ったかぶり男を女性はどう見ているのか?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さんの新刊が出ます!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kamitonami ちょっと前の記事ですが、男の人は 2年以上前 replyretweetfavorite

Pizzae_a はっきり言って9割方つまらない、俺語りは。→ 3年弱前 replyretweetfavorite

cafe_petit まあ確かに好きならカワイイなと思うけど、好きじゃなければ気持ち悪い、めんどくさ、で終わりだよね 3年弱前 replyretweetfavorite