それでも僕は、外科医をやめない

二十歳でできた初彼氏と結婚寸前で別れたジュエラー美女の話

男女の仲を文章だけで表現することは、なかなか難しい。その場の空気感や、本人にもわからない感情が男女の仲を左右するからだ。雨月氏は、今回もその難題にチャレンジする。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

9月に入り台風が過ぎたものの、まだまだ残暑が続く今日この頃。私はランニングなどを怠けたせいで、ちょっと太ってきてしまいました。病院というところは基本的に超絶ブラック企業なのですが、夏休みだけは5日間もらえます。さて今年はどこに行こうか……軽井沢に避暑にでも行こうかと思っております。

先日のこと。行きつけの和食屋さんにお呼びしたのは、誰でも知っている超高級ブランドに勤務する23歳の美女。170cmを超えた長身を黒いスーツで包む大人っぽさと、あどけなさを残す顔のギャップが魅力的な彼女は、お店に着くなり「ジャケットを脱いでもいいですか?」と言うので、女将さんに預かってもらいます。ジャケットを外すと肩と背中が大きく開くキャミソール(というのかな?)姿に、思わずギクリとしてしまいます。「ちらちら見るけど気にしないでね」なんて冗談を言います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

CHIYZE_CHIYZE みんな似てるのかな?? 大学生の時に付き合っていた彼氏が一番好きだった。 私の場合彼が一番だったのでは無く、あの頃のテンションが一番だったのです。 雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro | 3年以上前 replyretweetfavorite

Black_Illegal 【ブラック企業 関連記事】 3年以上前 replyretweetfavorite

ime_osi このコラムを読んでいると私も話を聞いてもらいたい!と思ってしまう。 3年以上前 replyretweetfavorite

Lave_chamo |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |それでも僕は、外科医をやめない *****note「医者に言わせればほぼ全てがその人の暮らしてきた結果なのですが。」んだ。 https://t.co/NpEZkednCe 3年以上前 replyretweetfavorite