ケイクス通信

ケイクス通信2013年3月1日(金)号

本日より3月の始まり。cakesもまもなくオープンから半年を迎えます。心を新たに充実のコンテンツをお届けいたします。今日も新しいメディア、新しい連載が始まります。お見逃しのないように!

●新メディア

「角川oneテーマ21」
『決断力』(羽生善治)、『デフレの正体』(藻谷浩介)、『観察眼』(遠藤保仁)などの名著で知られる、角川書店の新書レーベル「角川oneテーマ21」の配信記事が、本日よりスタートします! 本日スタートの『幸せな挑戦』(中村憲剛)をはじめ、来週以降も新しい連載が続々登場予定です。どうぞお楽しみに!

中村憲剛「幸せな挑戦」
【第1回】僕が『幸せな挑戦』を書いた理由

3月9日に角川oneテーマ21から発売される中村憲剛選手の『幸せな挑戦—今日の一歩、明日の「世界」』。cakesでは中村選手が自身のキャリアや思考法について明かした本書のダイジェストを連載していきます。この連載に先立ちまして、中村選手にインタビューを行い、執筆のきっかけや、この本を通して伝えたいことについて、話を聞きました。

●新連載

青山裕企 meets 美少女図鑑「彼女写真 in 広島」
広島編【第1回】日差しの下で待ち合わせ

もうすぐ春ですね。ということで、青山裕企さんと美少女図鑑のコラボ企画「彼女写真」も新シリーズが始まります。今回の舞台は広島。暖かい日差しの下で、福永朱梨(ふくなが あかり)さんと待ち合わせ。少しミステリアスな笑みを浮かべている彼女は、これからどんな表情を見せてくれるのでしょうか。そんな彼女と一緒に、広島の街をまわっていきましょう。

●連載

黒田勇樹「黒田勇樹動画批評」
【第25回】某恐竜キャラを見て、ゆるキャラの「ゆるさ」について考えてみた

黒田勇樹さんがマイナー動画を批評する同連載。今回も、なんともニッチな動画を引っ張ってきてくれました。テーマは「ゆるキャラ」×「恐竜」。千葉県の「ガウラ」さんや、福井県の「フクリュウ」さんなど、全国には結構カワイイゆるキャラがいるんです。……が、そんな期待はこの動画で気持よく裏切られますよ。

フェルディナント・ヤマグチ「フェル先生のさわやか人生相談」
【第24回】趣味がありません

今日から3月。空気もちょっとあったかくなってきました。うららかな春を明るい気持ちで迎えたいあなたにおすすめなのがフェル先生のさわやか人生相談。今回も恋愛に仕事に悩める羊たちが登場しますよ!

岡田斗司夫「道徳の時間」
橘玲 vol.2 なんで日本の政権はころころ変わるんですか?

どんなに成功体験本を読んでも、自分が成功できるかどうかは所詮確率の問題。合理的に考えればすごく正しい気はするけれどその事実を認めがたいのは、人間の本能だと語る橘さん。日本の政権がころころと変わる本当の理由も明らかになる、目からウロコの第2回です。

近藤正高「一故人」
江副浩正、中嶋嶺雄、加藤寛—2013年2月の物故者たち

前回の「市川團十郎、高野悦子—2013年2月の物故者たち」に続いて、今回も2013年2月に亡くなった方々を偲びます(加藤寛は2013年1月末没)。リクルートの創業者である江副浩正、そしてアカデミシャンとしてはもちろんのことですが、それ以外のフィールドでも大活躍をした中嶋嶺雄、加藤寛について記します。

結城浩「数学ガールの秘密ノート」
第18回 選べないのに見える数(後編)

結城さんの人気連載は、前回に続いて素数のお話。《エラトステネスのふるい》で素数の求め方がわかった「僕」とテトラちゃん。数の表をながめていると、才媛ミルカさんが現れて「こんなふうに並べてみよう」と言い出しました。その並べ方通りに進めていくと、なんだか《素数》が見えてきました!

二村ヒトシ「キモい男、ウザい女。」
第13回 忘れられない母の一言【あるキモい男の半生 ②】

男子も女子も、どんな人でも小さい頃にちょっとエッチなマンガでドキドキしたことがあると思います。今週は二村ヒトシさんにとっての性の目覚めになったマンガ『ドロロンえん魔くん』にまつわるお話。読めばきっと久しぶりに実家に連絡したくなるんじゃないでしょうか?


中川淳一郎「赤坂のカエル」
【第9回】好きな人を思い出しながら看護婦の触診

ウェブ編集者中川淳一郎さんが広告代理店を辞め、フリーになったころを振り返るエッセイ。前回、謎の奇病におかされた中川さん。原因はやっぱり”アレ”でした。そして、中川さんがその治療のさなか出会った看護婦の姿に、数年前に抱いていた淡い恋心を思い出します。

青井サンマ「嵐の聴きかた」
【第13回】知ると楽しい!嵐用語(入門編02)

絶好調の「嵐の聴きかた」、嵐が気になりはじめたアナタのための嵐用語講座編はいよいよ最終回。「うちわ」から「コンビ萌え」まで、ファン文化の奥深さが伝わってくるキーワードばかりを、青井さんが楽しく&面白く解説しますよ!

佐藤和歌子「晩酌歳時記」
第五回・独活

趣味は酒、特技はおいしそうに食べること、愛読書は飲食店のメニュー。そんな佐藤和歌子さんがお届けするショートコラムです。今回の素材は「独活」。といっても独り身のことじゃありませんよ。佐藤さんのお母さん特製の味噌でいただきましょう!

●ショートショートケイクス

最近会う人会う人にここの編集後記のことを責められます。最近攻めていないんじゃないかと。お前ら編集チームが顔出していないのに、webチームの顔出し先にするとはどういうことだと。おっしゃるとおりです。我々編集チームは気が弱いのです。

まあいきなり顔出しというのも恥ずかしいので、cakesの絵師として知られるこの僕が似顔絵でご紹介いたします。まずはショートケイクス火曜担当の彼女です。

東大法学部出身、法科大学院に合格していたのにもかかわらず、昨年新卒で弊社に入社した編集R女史。とても素直でいい子なんですが、この似顔絵を見せたところ、「本当にヒドイ」「セクハラだ」「訴えたら勝てる」「判例を探してくる」「末代まで許さない」という言葉をいただきました。そんなにひどいかな……?

あとは先日フジテレビの「週刊フジテレビ批評」に出演していたので、顔出しもなにもない弊社CEO加藤の似顔絵も描いてみました。

……。
こちらはまだ本人に見せていません。が、次週この編集後記が「(金曜担当編集R)」になっていたら、お察しください。

では今週はこんなところで。え? お前の似顔絵はないのか? 嫌ですよ恥ずかしい! では良い週末を!

(金曜担当編集D)

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ayakomiyamoto 編集Dさんの手によるスリリングなコンテンツが始まったと聞いて 5年以上前 replyretweetfavorite

matomotei もちろん、ワスは今までも、そしてこれからも編集Rさんの味方です! 5年以上前 replyretweetfavorite

hakaiya 抗争勃発の理由。 5年以上前 replyretweetfavorite

junkey Dのいけてる写真を撮ったのでどこかで公開したいと思います。 5年以上前 replyretweetfavorite