蓮舫氏の二重国籍問題で考える国籍とグローバル化

民進党代表選で蓮舫代表代行の国籍が話題になっています。@May_Roma(めいろま)さんは、蓮舫氏が法律を守っていなかったとしたら政治家としては致命傷だが、少子高齢化の日本では、国籍法を見直すべきなのではないか、と警告しています。

民進党代表選で蓮舫代表代行の国籍が話題になっています。蓮舫氏は父親が台湾国籍で、本人は17歳の時に日本国籍を取っているので、国籍上は日本人ですが、その際に、 台湾籍が完全に放棄されなかった可能性があるので、台湾の大使館に相当する 台北駐日経済文化代表処に、台湾籍放棄する書類を提出しています。

そもそも一般の日本の人には、国籍や永住権の話は全く馴染みがないので、「籍を抜くとはなんぞや?」と思われたかもしれません。家族に外国人がいなかったり、外国人との付き合いがなければピンと来ない話です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

24juillet 重国籍で国の活性化、すばらしい。国籍とはやくざのバッジと分かっていても、日本国籍を捨てる決意はなかなか出来ないものだが。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

fuxulu21 「今や国は優秀な人々に「選ばれる」場所なのです」 まったくもって同意。魅力のある国にしないと置いてけぼりです。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

Zuki_Zucchini 重国籍を認め「人々の移動を促進し、国際的な影響力がある人に自国の国籍を持ってもらったほうが得」って考えにはかなり同意。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

minnazidane10 相変わらず、浅い意見だなと思う。「海外では〜」という予想通りの展開。 8ヶ月前 replyretweetfavorite