ローマ人の物語』を描いた塩野七生の山本七平への思い

四回に渡って論じてきた塩野七生『ローマ人の物語』評は最終回です。常に塩野の頭にあった評論家・山本七平は、彼女にとってどういう存在だったのか。そこから、人が歴史を学ぶ意味を探ります。


ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

なぜ塩野七生は『ローマ人の物語』を書いたのかを再び問う

 なぜ塩野七生は『ローマ人の物語』を書いたのかについては、すでに触れた。塩野自身が語るように「何よりもまず私自身が、ローマ人をわかりたいという想い」が起点だった。だが、さらになぜ「ローマ人をわかりたい」と思ったのかといえば、1960年代の終わりから始めた『ルネサンスの女たち』や1970年『チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』などの著作の原点たる地中海世界の根源が知りたいと願ったことがあるだろう。それはなぜだったのか。塩野七生の作家としての原点をもう一度振り返ってみたい。

 塩野七生は1937年に生まれた。「七生」の名の由来は誕生日が7月7日であることらしい。東京都立日比谷高等学校(同級生に庄司薫や古井由吉がいる)を経て、学習院大学文学部哲学科を卒業。25歳からだろう、1963年から1968年に5年ほどイタリア遊学し、1968年に執筆活動を開始した。1970年に『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』で毎日出版文化賞を受賞し、これを機会にイタリアへ移住し、執筆の拠点をイタリアにする。現地でイタリア人医師と結婚(後に離婚)、1973年にはフィレンツェで息子アントニオ・シモーネを産んでいる。

 作家としての地位は、1980年から81年にかけて出版された『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年』ごろには確固たるものになっていた。その頃、すでに人気のある著作家でもあった山本七平と「地中海世界の歴史」を語るという対談の企画が上がった。すでに山本と面識があり私的に対話もしていたのだが、塩野のほうが断った。その理由が面白い。『Voice山本七平追悼記念号』(PHP 1992)より。

 私はそれを、次のように言って断った。
「とてもじゃないけど、今の私は山本七平のテキではありません。学識でかなわない」
 そうしたら、編集者はこう言った。
「じゃあ、いつになったらテキになれますかね」
「ルネサンスを全部終わって、その後でローマ史に入って、そのローマ史も終わりに近い頃まで書いた後なら、はじめてテキになれるかもしれません」
「それはいつ頃ですか」
「今から二十年後」

私たちは「日本人の物語」を描き、向き合っているか?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新しい「古典」を読む

finalvent

「極東ブログ」で知られるブロガーのfinalventさん。時事問題や、料理のレシピなどジャンルを問わない様々な記事を書かれているが、その中でもとりわけ人気が高いのが書評記事。本連載は、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード