歳を重ねるごとに、かつての夢は実現できるようになる|兼松佳宏(勉強家)〈後編〉

京都で「フリーランスの勉強家」として活動する兼松佳宏さんは今年、「スタディホール」というプロジェクトを始動しました。勉強に対する意識を変え、いつでもどこでも勉強空間を創出するための仕掛けをつくる。最終的には、現在の大学に代わるような勉強の場をつくりたい、と考えているそうです。若い頃よりも今のほうが可能性が広がっている、という兼松さんのお金観、仕事観、とは。(聞き手:横石崇)

社会人になっても、「勉強時間」がある生活を

—「フリーランスの勉強家」として、兼松さんが新しく始めた「スタディホール」というプロジェクトについて教えてください。

ひとことでいうと、「スタディホール」という空間的/時間的な手法を確立し、スタディ(勉強)の習慣をもっと身近なものにしていこうというプロジェクトです。

例えばイノベーションが異質なモノやコトの「新結合」であるとすれば、“イノベーティブな人”ほど日頃から様々なスタディを繰り返しているはず。だからこそ勉強が持つネガティブなイメージを変え、スタディを促すだけでなく、スタディした内容を共有する機会が増えていけば、さっき言ったマイプロジェクトのように、もっとたくさん面白いことが生まれると思ったんです。

—「スタディホール」とはどういう意味なんですか?

もともと「自習室」という意味なのですが、「自習時間」という意味もあって、時間と空間のダブルミーニングに可能性を感じています。最近では、株式会社ワコールが京都駅前にオープンした「ワコールスタディホール京都」にも採用していただいて、ありがたかったですし、驚きましたね。

そもそもの発端は勉強家として、最近の「勉強離れ」の傾向に危機感を感じていたことです。例えば「社会生活基本調査」によれば、日本人有業者の「学習・自己啓発・訓練」時間は1日あたり7分なのだそう。それって本当なのかなって。

日々の暮らしのなかに、「趣味・娯楽」「食事」「身の回りの用事」「買い物」などがあるとして、「食事をしながらスタディホール」もできるし、買い物で立ち寄った「コンビニで(略して)スタホする」こともできますよね。ちなみに僕は「睡眠しながらスタホ」しています。

—えっ、どうするんですか?

眠る前に“問い”を頭に入れておいて、目覚めたあとに思い浮かんだことをメモするんです。そうすると僕は無意識ながら6時間勉強したことになるので、日本人の平均勉強時間を少しは押し上げたことになります(笑)。

—そう考えると、勉強している時間って案外たくさんありそうですね。

勉強を習慣にするには、空間的、時間的な仕掛けが必要だと思っていて。例えば「5-minute Studyhall Solo @ Station(ひとりで、5分、駅で)」なら、僕が「勉強空間/時間」についてスタディしていることを知っている友人に「突然ですみません。あなたにとって大切な勉強時間はいつですか?」とアンケートをとってもいいかもしれない。あるいは「30-min Studyhall Pair @ home with a blank paper(ふたりで、30分、家で、白紙の紙を使って)」なら?「7-day Studyhall Trio @ Hawaii(3人で、7日間、ハワイで)」なら?

こんな感じで、いろんな勉強空間や時間のつくり方を集めて検証していきたいですし、ゆくゆくは「整理収納アドバイザー」みたいに「勉強空間アドバイザー」の資格をつくれたらいいなと思っています(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
規格ハズレの履歴書たち

Tokyo Work Design Week

「自分らしい働きかたって?」「未来の自分、どんな仕事してる?」「仕事の武器って何?」――そんな疑問を持つすべての人にお送りする、「最高にワクワクする仕事」を見つけた先駆者たちのインタビュー。“新しい働きかた”をテーマとする国内最大級の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

honagat "例えばトークイベントの謝礼として10,000円いただいたとして、口座の残高だけみれば数字が増えるだけですが、「このテーマで稼いだお金はこのテーマへの投資に使おう」とあらかじめ決めておけば、その10,000円はより生かされると思…" https://t.co/fNEMpIqYzS 約1年前 replyretweetfavorite

hykw_NF 早川書房企画の連載、最新インタビューです! 約1年前 replyretweetfavorite

whynotnotice Tokyo Work Design Week 横石 崇 (Yokoishi Takashi)さん企画によるcakes連載中の特集「 約1年前 replyretweetfavorite

ForzaYuto ”よくいわれるのは、何かを新しく習慣にするには、何かを手放さないといけないということ。24時間は限られているからこそ、手放すことが先なんですね。” 約1年前 replyretweetfavorite