第9回】退職金や老後の年金が減る! 介護離職は1200万円の損

老後を考えた際に避けて通れないのが、親の介護。介護に伴う時間や費用に目が行きがちだが、介護離職で自身の将来の収入が大幅に減ってしまうことには注意が必要だ。

 「介護を不安に思うのは、経験したことがないから。知れば怖いものではない」

 こう語るのは、介護者を支援するワーク&ケアバランス研究所の和氣美枝さん。自身も認知症の母親の介護を続けており、その経験から「介護のために仕事を辞めないでほしい」と訴えている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
老後リスクの現実(リアル)

週刊ダイヤモンド

「金」「健康」「孤立」が老後の三大リスクといわれる。現役世代からしておくべき準備とは何か。平均値や他人の価値観に惑わされたり、「下流老人」や「老後破産」などの極端なケースにばかりおびえるのではなく、他の誰のものでもない自分自身の、等身...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pochakawanon 介護のために仕事を辞めるのは最終手段にしてほしい。 介護が終わったあとも、あなたの人生は続く。 約4年前 replyretweetfavorite