世界中どこにいても、自分らしく生きるために

生きづらさについて考える「パリジャン十色」のシリーズは、今回で最終回です。これまで他人と自分を比べても苦しまないコツに始まり、自分の基準を持つことの大切さや方法をお伝えしてきました。シリーズ最後となる今回は、中村さんがフランスでの生活を経て感じた、自分の変化についてのお話です。

もう9月ですね。みなさんお元気ですか? パリは長〜い夏休みを終え、真っ黒に日焼けして帰って来たパリジャンで活気づいてきました。さて。今回で、「生きづらさ」に関するパリジャン十色のシリーズはいったん終了です。

これまで、私が婚活をきっかけに生きづらさを感じて、日本を出て世界で婚活をしたこと。その後パリへ移住し、新しい生活の中で生きづらさへの対処法を身につけたことなどを、具体例とともに紹介してきました。生きづらさをやわらげるためには、他人や世間の基準でものごとを考えるのではなく、「自分の基準を持って考える」ことがポイントでしたね。

今回は最後に、この「自分の基準」を身につけた私にその後どのような変化があったのか、それをお話して、次のシリーズに移りたいと思います。

東京砂漠から、オアシス・パリへ逃亡

2010年の年末。当時、パリへ移住したばかりの私は、「東京」と聞くと、砂漠、雑踏、人ごみ、戦場というキーワードばかりが浮かびました。就職で上京して以来、ここは戦いの場所であり、人生の厳しさや残酷さばかりが思い出される、一人で生きるには辛すぎるところでした。

しかし、逃げ出した先のパリで、私はいろいろなことに気づき、自分の基準を持ち、すこしずつ生きづらさを解消する術を身につけました。

そうして移住してから3年ほど経ったころ、一時帰国した私はたいそう驚きました。パリから帰った私の目には、日本があの頃とはまったく違って見えたからです。

下町で出会ったおばちゃん

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 ゛「自分の基準を持って考える」ことがポイント゛ 1年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 中村綾花@ayakahan https://t.co/gYhXaCQocD 東京は戦いの場所であり、人生の厳しさや残酷さばかりが思い出される、一人で生きるには辛すぎるところ 上京して東京に住んだ人と、東京生まれ東京育ちの人の違いだなぁ 1年以上前 replyretweetfavorite

MiUKi_None このシリーズ好きだったから終わっちゃうのは残念だな。次も楽しみ。 1年以上前 replyretweetfavorite

reonarl しみじみと読んでみた。w / https://t.co/DUoST7KZc8 1年以上前 replyretweetfavorite