第14回「東レがアップルの国内製造権を獲得する」という仰天プラン

東レは世界の化学繊維界のリーディングカンパニーとして存在してきました。しかし80年代に入り、繊維不況などの時期を経て東レの経営は厳しい時期の真っただ中にあります。80年代には、東レといえども、既存事業に固執すれば、生き残れない時代となると考えられていました。東レの経営陣は、繊維業から総合ハイテク産業へ脱皮するため、新たな成長分野を開拓することが至上命題となっていたのでした。このアップル事業を機会に、脱繊維の糸口を掴むため、東レ取締役の中橋は、羽根田にその青写真を描くことを指示します。その指示には、「東レでアップルの国内製造権を獲得する」という仰天プランも含まれていました。


登場人物たち

スティーブ・ジョブズ 言わずと知れた、アップルコンピューターの創業者。1976年に創業し、1980年に株式上場して2億ドルの資産を手にした。その後、自分がスカウトしたジョン・スカリーにアップルコンピューターを追放されるが、1996年にアップルに復帰。iMac, iPod, iPhone などの革新的プロダクトを発表しアップルを時価総額世界一の企業にする。

水島敏雄  東京で「ESDラボラトリー」という小さな会社を営む。マイコンの技術を応用し、分析、測定のための理化学機器の開発を行うために作った会社で、ESDという名称は、 Electronics Systems Development の頭文字をとっている。東レの研究員として働いていた時代から大型コンピュータや技術計算用のミニコンに通じており、マイクロコンピュータの動向には早くから注目していた。ESDは日本初のアップルコンピューターの代理店となる。

『スティーブズ』

曽田敦彦 構造不況の中、業績が芳しくない東レが、「脱繊維」を掲げ新分野として取り組んできたのが磁気素材の分野だった。ソニーのベータマックス用としてはさらに薄地で耐久性のあるテープ素材の開発が必要で、45歳になる曽田はこのプロジェクトの中心として部下に20名以上の研究員を従えている。地味で根気のいる仕事ではあったが、東レがハイテク新素材メーカーへステップアップする上でこのプロジェクトは重要な意味を持っていた。


何度資料に目を通しても、このアップルⅡとやらのどこが優れているのか、羽根田にはさっぱりわからなかった。写真に写っているのは、タイプライターのような1つの箱だった。業界では確かに評判がいいかもしれないが、一過性ともつかないベンチャー企業の製品に、自分のサラリーマン人生の未来を委ねる気にはなれない。それでなくてもリストラを進める東レでは自分たちの進退はここ1、2年の新規事業ですべて決まるのだ。失敗したらもう後がない。

羽根田の気持ちは、すでに「東レはこの件に乗るべきでない」と決まっていた。

それ以外のもっともらしい理由付けが必要だとなれば、それにも事欠かない自信がある。マイコンの輸入販売なんて、うまみがあるわけがないし、そもそもメーカーである東レがパソコンの卸問屋になっても、事業に広がりがないだろう。だが本当の理由は、大切な時期に差し掛かっている自分の人生を棒に振りたくない、それだけだった。人生をかけてまで見知らぬ外資企業が日本進出するその肩代わりをする気が、羽根田には起こらなかった。

きっかり1週間後の金曜日、羽根田は中橋を訪れ、この結果を報告した。しかし、中橋は羽根田に予想外の反応を示してきたのである。

「羽根田君、何とかこのアップル事業をやるということで再度、その意味付けをしてくれんかね。僕としてはこの東レでコンピュータ産業に参入したいのだよ。この話をその突破口にすることにはならんかね」

「わかりますが、1年や2年ばかり輸入事業をやったところで、そこから得られる利は微々たるものでしょう」

「東レは、世界の化学繊維界のリーディングカンパニーとして存在してきた。しかしいま、我々は厳しい時期の真っただ中だ。これからの80年代は、既存事業に固執する企業は生き残れない時代となってゆく。経営陣は、この80年代に東レが繊維業から総合ハイテク産業へ脱皮することを希望しているのは周知のとおりだ。このアップル事業を機会に、東レが脱繊維の糸口を掴むような青写真を我々に考えてほしいと言っているのだ。何とかプランを作ってくれないか、例えば東レでアップルの国内製造権を獲得するとか」

「アップルの製造権獲得……」

中橋の口からいとも簡単に出たこの言葉に、羽根田は困惑した。この東レが、アップルのパソコンを自ら製造するということか。

「作るといったって、誰が作るんですか?そこまでの技術を、私たちは持っていませんよ」

「いや、例えばの話だよ。我々東レですべてを製造しなくても、他社の技術力を利用すればできることだろう。実は、東レリサーチセンターではなく、東レ本体にこの話が回って来たのは、この製造権という話が出てきたからなんだよ。重要なのは、その事業の主導権を握ることだろう。これまで日本企業は、技術力を活かして世界の工業製品の製造に躍起になってきた。それくらい君も知っているだろう」

「はぁ、ですが……」

「TRCの人間に言わせると、日本で製造すればこのアップルⅡは、いまの半額以下になるらしい。まあ、どこまでできるかはわからないが、やってみんことには何事も始まらないだろう。アップル社と、この件で交渉してもらえないか? 日本のディーラーの情報によると、急激な増産を行った結果、アップルの不良率が著しく高くなったというじゃないか。東レの売りは品質管理だよ。アップル社との信頼関係を深め、一方で国内のテスト・マーケティングを行うにはいいチャンスだ。このアップルの胴元として、当面予想される国内の流通チャネルの確保と、プロモーションも含めてどの程度ビジネスとしても成立するか、もう一度検討してほしい」

中橋の話ぶりでは、どうやら伊藤が何が何でもこのアップルをやりたがっているらしい。そのためには、役員会議に提出する稟議書の名目が欲しいのだ。そうとわかった以上、羽根田が部下として行うべきことはただひとつ、東レがこの事業を行うもっともらしい理由を作りあげることである。こうなってはもはや自分の人生の行方は、自分の手中にはない。このアップルというパソコンの行く末に預けることになるだろう。

だが中橋が言うように、もし国内製造権を獲得したとしたら、ハイテク企業として東レの名は日本中を、いや世界を駆け巡るだろう。販売に付随する事業で得られるメリットはそれなりのものだ。東レの一方的な思惑にすぎないが、まずは現在の東レが置かれている状況を慎重に分析し、羽根田は経営陣が気に入る「提携事業案」を作りあげることにした。

この作業にはあまり時間がない。翌日からさっそく情報収集に動きはじめた羽根田の耳には、意外なことにも、この件に名乗りを上げようとしている他の大手商社や電機メーカーの噂が飛び込んでくるようになった。

《彼らも、我々と同じようにアップルの国内製造件獲得を狙っているのだろうか》

そう考えると、いても立ってもいられなくなった。営業マン特有の本能が奮い立った。

再び、かつてベンチャーだったアップルの製品に胸をときめかしていたあの時代の空気感を若い世代に伝えたい!!

この連載について

初回を読む
林檎の樹の下で -アップルコンピュータジャパン物語- ✕スティーブズ外伝

うめ(小沢高広・妹尾朝子) /斎藤 由多加

ふたりのスティーブ、ジョブズとウォズニアックが設立したアップルコンピューターは、1977年4月、サンフランシスコで開催されたウェストコーストコンピュータフェアに出展した。ジョブズがこだわりにこだわったベージュ色の本体の数が足りないので...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ima_co これ実際にその場にいたら羽根田さんの気持ちが一番わかる気がする。[link] 14回 「東レがアップルの国内製造権を獲得する」という仰天プラン| 1年以上前 replyretweetfavorite

ShowGames_shoji 14回 「東レがアップルの国内製造権を獲得する」という仰天プラン|斎藤 由多加 @YootSaito /うめ(小沢高広・妹尾朝子) @ume_nanminchamp https://t.co/xPmZoGm507 J-plusかぁ・・・(´・ω・`) その頃、NECでは! 1年以上前 replyretweetfavorite