ブス図鑑

ブスは恋をすることにより、余計「動かざること山の如し」と化す(面構えも武田信玄)

今回は、このコラムが始まる元となった「ブス図鑑」ブログからの再録です。
ずばり「ブスだって恋がしたい」という心の叫びをテーマに、ブスが恋をするとはどういうことなのかを見ていきましょう。

好きになっていても卑屈ブスはそれを認めない「ブスの土俵際」というメンタルが働く

「ブスだって恋がしたい!」
と言ったら、返す刀で「するな」と言われるかもしれない。

確かに、そちらの言い分はよくわかる。しかし、みなさんは「私みたいなのに好きになられても迷惑だと思うし…」などと言っているブスも嫌いだと思う。

そんな、友人を作るだけでも、ミッションインポッシブルなブスたちは、トム・クルーズがオープニングで爆死するほど難易度トリプルS級ミッションの「恋愛」にどう挑んでいるのであろうか。

まずは、卑屈系ブスの恋から。
卑屈ブスについて「基本的に、自分なんかに好かれたら相手が迷惑と思っており、男に粘着することもない」と書いたのだが、それは相当徳の高いブスであり、意外と惚れっぽかったりする。
というのも、男との接触機会があまりにも少なすぎるため、一言声をかけられただけで、その声を3億回くらい反芻してしまい、頭の中がすぐその男のことでいっぱいになってしまうのだ。

しかし、明らかに好きになっていても卑屈ブスはそれを認めない「ブスの土俵際」というメンタルまで働き、「自分なんかが~」精神がストッパーをかけるのである。
確かにブスの恋は厳しい。好かれた方もより厳しい。

つまり、ブスは恋をすることにより、余計「動かざること山の如し」と化し(面構えも武田信玄)、むしろ意識するあまり相手を避けてしまったりする。

相手も美人に避けられれば気になるだろうが、ブスの場合、気づきもしないか「なんか知らねえけど、ブスが俺を避けてくる。しかしどうでもいい」という状態になってしまう。どっちにしてもどうでもいいのだ。

ようするに、ブスの恋は始まっても1ミリも動かないことが多く、展開するのはブスの頭の中だけとなり、相手が3次元なのに物語は2次元、というまさに次元を超えた恋愛が始まるのである。

行動を起こしたとしても、ベクトルが「縦笛をなめる」方にいってしまっており、しかも「人知れず彼の座っていたイスをなでる」などという凄まじい遠方射撃を続けている場合が多い。結果として、卑屈系ブスの恋は「フラれる」ところまでさえいかないのだ。

少女漫画の罪。そもそも「ブス」と言われる主人公が全然ブスじゃねえ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pyon_br96  めちゃめちゃ笑ったしわたしもしかしたら相当徳の高いブスだわ 約3年前 replyretweetfavorite

hj_age もうやめてーーーwwwww 笑いすぎて呼吸できないwwwww 約3年前 replyretweetfavorite

ralca_t_1994 開口一番自分のことを言われて、最後まで自分のことを言われた やはりカレー沢氏はブスを切り取る天才 約3年前 replyretweetfavorite

team_izumoya めっちゃおもしろい! 約3年前 replyretweetfavorite