心から信じれば、本当に願いはかなうのか

「人間の本当の限界」について突き詰めた為末大さんの連載。今回のテーマは、「信じる想い」。世間でいわれる、心がら強く信じることが夢を実現するの真実とは!? 「夢をかなえる」話が氾濫する世間で、いかに為末さんは、イメージを現実にしてきたのか。話題の新刊 『限界の正体-自分の小さな檻から抜け出す法』より、限界の檻を脱出するヒントを明かす。

信じる思いの強さ、3つのレベル

「心から信じれば、願いはかなう」

「強く思い描くと現実になる」

僕は、そんな考え方に肯定的です。世界で戦うアスリートの中にも、自分が置かれている状況以上のものを望み、そして信じ込める人が多いように思います。

ですが、信じること自体がいちばんむずかしい。

信じれば願いはかなうと思う一方で、信じるとは誰にでもできるものではないと思っています。

僕は、何かを信じる思いの強さには、3つのレベルがあると考えています。それは、低いほうから順に、

① 「そうなってほしい」

② 「そうしてみせる」

③ 「そうなることが決まっている」

①と②の下から2つのレベルは、「なりたい」と願う一方で、そうなれていない現状に対する認識が強く残っています。信じている状態というよりも、信じようとしている状態です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アスリートが明かす、内的可能性に出会うための1冊!

この連載について

初回を読む
限界の正体ー自分の見えない檻から抜け出す法

為末大

400mハードルの日本記録保持者で、3度のオリンピックに出場した為末大さんの新境地。人間にとって、才能とはなにか。限界とはなにか。人間の心について学び、アスリートの成功と挫折を見るなかでたどりついた考えとは?? 長い間、人間の限界と呼...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

RieDorji 自分の能力に対してはあまり自信がないので、それに対する強い思いはありませんが、やりたい事は出来るはず、と思ってます。 2年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 為末大@daijapan https://t.co/Sv4sdQACV3 心から信じれば、願いはかなう 強く思い描くと現実になる 信じる思いの強さ3つのレベル ①「そうなってほしい」 ②「そうしてみせる」 ③「そうなることが決まっている」 2年以上前 replyretweetfavorite

Singulith >「ハードルに転向してからも、「金メダルがほしい」「獲ってみせる」と思うことはできましたが(①と②の状態)、「金メダルを獲ることが決まっている」と信じきることまではできませんでした」  https://t.co/O55i0TLLmR 2年以上前 replyretweetfavorite

mayumiura “信じれば願いはかなうと思う一方で、信じるとは誰にでもできるものではないと思っています。//信じようとしている状態には、願いをかなえるほどの力はありません。” 2年以上前 replyretweetfavorite