童貞が陥りやすい病?夢カナ妄想病【前編】

ドブメディの三年目営業・出来内陽太(デキナイヨウタ)には、大学時代からの親友がいました。彼の名は、道 貞三(ドウ テイゾウ)くん。久しぶりのサシ飲みで、貞三くんは「将来は起業するつもりだ」と陽太に告げます。「すごい!」と賞賛する陽大の横から、彼を鼻で笑う人物が現れて……。グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で人気のずんずんさんの連載です。

ここは東京、西新宿。チェーン店の居酒屋に、さえない男たちの姿がありました。

陽太「ごめんごめん、遅れて」

店内に慌ててやってくるのは、医療器具メーカー・ドブ板メディカルの三年目営業・出来内陽太(デキナイヨウタ)です。

???「遅いよ~。もう先に飲み始めちゃったぜ」

と、ぬるいビールのジョッキを掲げるのは、陽太の大学時代のサークル仲間である道 貞三(ドウ テイゾウ)くんです。

貞三くんは、ちょっともさっとした感じの小太り、はふはふと息をして、女性経験が少なそうなルックスをしていましたが、陽太の親友でした。

今日は久しぶりに二人で飲もうということになったのですが……。

陽太「久しぶりだよね。三ヶ月ぶり? 貞三くんは、最近どう? 仕事忙しい?」

貞三くん「まあそれなりかな~。でも信じらんないよな。あの陽太が営業やってるなんて」

陽太「そんな貞三くんだって、大手企業のSEじゃないか。俺なんかより全然すごいよ」

そう言いながら、二人は大学時代、青春をささげた電子基盤研究会のことを思い返したのでした。

暑い夏の日、汚い部室……。
緑色の電子基板を俺好みにハンダ付けした日々……。

貞三くん「……あんなことやってたから俺ら、今も女っ気ないんだよな」

陽太「それはあるよね」

そう言って二人はごくりとビールを飲みました。

貞三くん「でもさぁ、ほんと今の仕事、つまらなくてさ。つまらないっていうか上司がめちゃくちゃでさ~」

陽太「あ~そういうのあるよね。うちも先輩がほんとクズくて……」

貞三くん「俺も将来は起業しようかと思うんだよね」

陽太「えー! すごいじゃん!」

貞三くん「まあ俺は人に使われるの、もう嫌なんだよね」

貞三くんはそうニヒルに笑います。

???「……ふっ。起業ね」

そんな貞三くんを鼻で笑う声が、隣の席から聞こえてきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gorian91 デキナイヨウタくん見かけによらず酷いことをおっしゃる 約4年前 replyretweetfavorite

dyegoro  ずんずんさんの筆卸的なお悩み相談なのん? 約4年前 replyretweetfavorite

s_yut 妄想と夢を混同してしまうのは童貞の特権……俺が見てるのは夢か妄想か……まあ妄想なんだろうな…… 約4年前 replyretweetfavorite

zunzun428 あっそういえばこの連載を書籍化してくださるイケメン出版社さま募集中です!深夜まではたらいてる編集者さんよろぴこ!→ 約4年前 replyretweetfavorite