貧困だと騒ぐヤツは「札束」がカネだと勘違いしている

『闇金ウシジマくん』を読むべきマンガ第1位に推す堀江貴文さん。書籍『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』で34のマンガ名シーンを厳選紹介している中から、そのベスト5シーンを特別公開します。
4回目は、第2位のシーン。日本の貧困率は16%を超え、いまや6人に1人が貧困層に分類されています。女性や子どもの貧困化も進み、先行き不安は広がる一方です。貧困の原因と対策について、語り尽くします。

紙幣自体に価値がないことは証明されている

 人はカネがなくなると、入ってくる情報の質が悪くなり、思考力が落ちるものだ。そしてカネがさらに減っていく悪循環に陥り、結果的に悪いカネに頼らざるを得なくなる。
 カネがない悪循環に陥る原因は、環境がどうのという以前に、そもそも良質な情報を得る努力を怠っているからだ。

 『中年会社員くん』編で、浪費を続ける中年サラリーマンの行く末を案じる部下に対して、ウシジマは「金は使ってこそ意味がある。金自体に価値はねえよ」と説いた。カネとは信用を数値化したものにすぎず、1万円札の紙切れ自体には、28円の換金価値もないのだ。(『闇金ウシジマくん』中年会社員くん編は29巻

 情報は入ってくるものではない。こちらから、取りに行くものだ。仕事やカネで失敗し、いつまでも悪い環境から抜け出せないような人は、環境に負けたのではなく、単純に情報弱者なのだ。情報弱者だから、カネの本質というものをまるでわかっていない。

 おそらくカネを札束か、硬貨の山だと思っている。まったく違う。いろんなところで語っているが、あらためてカネの本質について説いておきたい。
 カネは大きく、狭義のカネと広義のカネに分けられる。多くの人がイメージするお金とは、たいてい狭義の方だ。日本銀行券。せいぜいドル、ユーロあたりの紙幣のことだろう。

 広義的には株券、土地の権利書も、カネと言える。換金性の高いもの、例えばブランドモノのバッグ、宝石とか、ゴールドもそう。Tポイントもカネと言えば、カネになるだろう。多くの人が価値ありと認めるものを一括して、誰でも万能で使えるようにしたのが紙幣、すなわちバンク・ ノートだ。

 成り立ちの歴史を遡っていくと、もっと本質が見えてくる。
 1897年、日本銀行は日本銀行兌換券を発行した。これは政府が同額の金貨と交換することを保証した、兌換紙幣だった。金本位制の始まりだ。その後、1931年の金貨兌換停止が決まるまで、金本位制の時代が続いた。
 この兌換券が日本の紙幣の元であり、紙幣そのものには何の価値もない事実を示している。兌換のシステムが、カネの始まりと言える。

 もともと、物々交換では効率が悪いからと、イスラム圏のユダヤ人が10~15世紀ぐらいにかけて、現在の流通貨幣の概念を生み出した。カネは物を交換する信用手形の機能を持った、人類の発明品だったわけだ。
 中国では、貝が貨幣として使われていた。カネに関する漢字に、貝偏が使われているのは、その時代の名残だ。なぜ貝だったのか。内陸地の広い中国では、金銀と同様、貝は希少性が高かったのだ。希少だからこそ、モノとしての信用が高かった。

 そして現代では、カネはモノではなく、デジタルデータでも代用できるようになった。
 私のように、日常の買い物手段はクレジットカードのみで、ほとんど現金を使わない人もいるだろう。カードがなくても、カネのやりとりをオンライン上で済ますこともできる。紙幣・貨幣そのものには何の価値もないことの証明だ。

カネは信用を数値化したものにすぎない

 すなわちカネとは、信用だ。モノを手に入れる、人に貸す、ビジネスを進めるなど、必要な求めに応じてくれる信用を、国家が数値で保証している。モノとしての実体なんて、別になくてもかまわない。
 信用、それ自体が本質なのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

裏社会の最恐経営者ウシジマと、希代の実業家ホリエモンが大激突!

この連載について

初回を読む
人生が最短で上向く『闇金ウシジマくん』名シーン

堀江貴文

山田孝之さん主演の映画がファイナルを迎え、いよいよ原作もシリーズ最終章に突入した『闇金ウシジマくん』。堀江貴文さんによるコラボ企画『ウシジマくんvs. ホリエモン 人生はカネじゃない!』も、有名書店で続々ランキング1位を獲得し、大反響...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

macchan16 お金は、【国民の信用を数値化】したモノ。今は【もう少し小さい単位の信用を数値化したモノ】が出てきたんだす。 そしてそれは比較的にお金に換金出来る特性のモノが多いだす。https://t.co/nxzgyJXyNr 1年以上前 replyretweetfavorite

TwinTKchan 「金は使ってこそ意味がある。金自体に価値はない。カネとは信用を数値化したものにすぎず、1万円札の紙切れ自体には、28円の換金価値もないのだ」 「札束」がカネだと勘違いしている人たち | 堀江貴文 @takapon_jp https://t.co/beaq8IGJFh 2年以上前 replyretweetfavorite

nanpa_sakurai 金(値段)はソレの価値を数値化したもの。タダで手に入る情報の価値なんてタダに等しい。 |堀江貴文 @takapon_jp |人生が最短で上向く『闇金ウシジマくん』名シーン https://t.co/J5vuLcAUQD 2年以上前 replyretweetfavorite

REDxBULL https://t.co/cwhLaPs6sj 2年以上前 replyretweetfavorite