それでも僕は、外科医をやめない

文月さんの記事「私は詩人じゃなかったら「娼婦」になっていたのか?」に思う

今回の記事は、先般話題になった文月悠光さんのこの記事に寄せて、雨月氏が思うことを述べます。文月悠光さんが受けた思わぬ災難に対して、雨月氏が感じたのは激しい「憤り」だったようです。

こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

幾つかの台風が過ぎ、ほとんど話題にならなかった24時間テレビが終わり、9月に入りました。夏という季節は、不思議と過ぎてしまうとこうも憧れてしまうもののようで。また初夏の雨露光る紫陽花の葉を見てみたいものですが、一年はお預けです。私はあと幾度見ることが出来るでしょうか。

さて、今回はここcakesで連載をしていらっしゃる、文月さんの記事「私は詩人じゃなかったら「娼婦」になっていたのか?」についてお話ししたいと思います。

記事の内容を簡単に説明します。詩人である文月さんが「都内某大学」で「知人の教授に頼まれ」登壇をしました。そこで教授から公開質問として「詩人と娼婦は似た部分があるが、もしかしたら、ふづきさんも詩を書いていなかったら、風俗嬢になっていたんじゃないか。ふづきさんは娼婦についてどう思う?」

という質問をされたそう。それに対する文月さんの反応や考えが綴られ、最後に「現在の日本社会において詩人であること」の答えで締めくくられています。

どうしても黙っていられなかったので、私は編集者さんにお願いしこの件についての記事を書かせてもらうことにしました。私は医師で男性ですから、権威者、そして資本主義強者という位置付けで「教授」と似たような立ち位置にあると思いますし、そういう風に世間からは見られます。ですから、「教授」側の立場も理解できる私が本件に関して発言することには、一定の意味があると思います。

努めて冷静に整理すると、本件の特異性は

1、「教授」による非常識なレベルのセクハラ発言

2、また信じられぬほどの、文月さんの受容

の二点に集約されます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

isaokodesu こちらもぜひ。 cakes購読してるからどこまで… https://t.co/i3tHv1pWYN 1年以上前 replyretweetfavorite

km1121_k |雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |それでも僕は、外科医をやめない 本記事を読んだ時、同じように彼女を尊敬した。自分もそうなりたいとも。 https://t.co/HtMiwcCPMC 3年以上前 replyretweetfavorite

_us_a 本当に2に尽きるというか、 3年以上前 replyretweetfavorite

kutabirehateko プロの指導を受けて女装してしばらく正体を伏せて仕事してみてほしい。目上の男性を相手にチャット越しに女性のふりをしててまじめな議論をするのでもいい。どんな風に扱われるかがわかると思う。 3年以上前 replyretweetfavorite