仲間に裏切られたときの「絶対の対処法」

『闇金ウシジマくん』を読むべきマンガ第1位に推す堀江貴文さん。書籍『ウシジマくんvs. ホリエモン 人生はカネじゃない!』で34のマンガ名シーンを厳選紹介している中から、そのベスト5シーンを特別公開します。
3回目は、第3位のシーン。もしも突然、信頼していた仲間や友人に裏切られ、落ち込んでいたとしたら……。人間関係のあり方について堀江さんが一石を投じます。

裏切るヤツは裏切る。裏切っても成功する

 『闇金ウシジマくん』では、仲間を裏切る様もリアルに描かれている。だが総じて、裏切ったヤツは何らかの報いを受けている。
 現実では、どうだろうか。信用関係にあった人をひどく裏切って、うまく成功したという話はけっこう聞く。裏切った側が、必ず報いを受けているわけではないようだ。転落した人もいるが、割と多くはケロッと復活して、また怪しいビジネスを続けていたりする。

 『フリーエージェントくん』編で、一攫千金を目指す若者が転落した男を鼓舞するシーン。人生には必ず好転のチャンスがある。仕事は選り好みしなければいくらでもあるし、家族や恋人、仲間がいなくても生きていける。だが、諦めてはすべておしまいだ。(『闇金ウシジマくん』フリーエージェントくん編は30巻31巻32巻

 意外と、そんなものだ。裏切るヤツは裏切る。そして裏切ったヤツも成功する。
 人の道に外れたら報いを受けるという「お天道様はちゃんと見ています」的な仕組みは、現実にはほとんど機能していない。

 だから、裏切りを根絶することはできないのだ。
 人はいつか裏切る……とまで断言するのは言い過ぎかもしれない。しかし、心が通じ合ったつもりでも、人と人の信用関係が永続的に保たれるという保証は、決してないことは、覚えておきたい。

 私はいまだに、「ライブドア事件では部下に裏切られて大変でしたね」などと言われる。なるほど、物事を表面的にしか見ないヤツはそうとらえるのか、と変に納得した。しかし、実際のところ私自身は、まったく裏切られたとは解釈していない。

 向こうの理屈がいくら間違っていたり、倫理的に外れていたりしたとしても、相手には相手の論理があるわけで、こちらがとやかく非難できない。
 裏切りというのは、感情の問題だ。

 相手に対してどのぐらい信頼度があるのか。どんな繋がりを認識していたのか。それは確かなものだと思っていても、やはりただの思いこみ。一方的な感情の物差しでしかない。相手の方はまったく信頼も繋がりも感じていなかったケースは、多々あるだろう。

 つまり、裏切られた側が「裏切られた」と定義づけているにすぎない。
 ひどい裏切りの事例も、引いた視点で見れば、裏切り者は誰もいないことがほとんどだったりする。私はライブドア事件を、そう総括している。

 そもそも裏切るようなヤツは、身近に置いてはいけない。
 社会人は、人への信頼度を高めるより、人間性を精査する「審理力」を磨く努力をすべきだろう。それでも裏切られたとしたら?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

裏社会の最恐経営者ウシジマと、希代の実業家ホリエモンが大激突!

この連載について

初回を読む
人生が最短で上向く『闇金ウシジマくん』名シーン

堀江貴文

山田孝之さん主演の映画がファイナルを迎え、いよいよ原作もシリーズ最終章に突入した『闇金ウシジマくん』。堀江貴文さんによるコラボ企画『ウシジマくんvs. ホリエモン 人生はカネじゃない!』も、有名書店で続々ランキング1位を獲得し、大反響...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

keisomeCV そんな時に必ず読み返す記事。ホリエモン優しすぎ。救われる感半端ない。 https://t.co/G6XczfDMSj 2年以上前 replyretweetfavorite

yukamanttsu 裏切りというのは感情の問題。向こうの理屈が間違っていても、相手には相手の論理があり、こちらは非難できない。 ひどい裏切りの事例も、引いた視点で見れば、裏切り者は誰もいないことがほとんど https://t.co/QZOJm9gkMK #マネジメント 2年以上前 replyretweetfavorite

nishi19 無料の部分だけでも面白い。「裏切る奴は裏切るし、報いを受ける事もない」 2年以上前 replyretweetfavorite

shin_tsudashin なるほど。 人間関係って難しいですな。 2年以上前 replyretweetfavorite