あなたの気になる女の子、僕が代わりに撮影します

気になる女の子はいませんか? たとえば、昨日見かけたカフェの店員さん。恥ずかしくて声をかけられないけれど、あの娘の笑った顔がもっと見たい……。そんなあなたの願いを、「彼女写真」でおなじみの写真家・青山裕企さんが叶える新連載です。

気になるあの、いませんか?

いつも会うんだけれど、なかなか声がかけられないような存在。
別に友達じゃなくて、例えば、カフェの店員と客の関係であったり。
「気になるあの娘」は、たいていは「気になったまま」の関係として、ずっと、平行線をたどるものです。

そんな「気になるあの娘」に、もし声をかけることができて(勇気!)、
「写真を、撮らせてもらえませんか?」って頼んでみたら、
「え。恥ずかしいですけど……いいですよ」ってなって(奇跡!)、
「よ、よかったら、今度、写真を、公園かなんかで、撮りに……行きませんか。あっ、すぐ終わりますんで」なんて、
ありったけの勇敢な気持ちを振り絞って、もしも、オッケーってことになったならば。

……最高ですよね!!

その先に、何もなくたって、いいんです。
写真を「撮る・撮られる」の関係って、あくまでカメラの中にしかないわけで。
カメラを向けるから、あの娘は笑ってくれて、カメラを近づけるから、あの娘は近寄ってくれる。

はっきりいって、カメラってズルいんです。だから、いいんです。
僕は、女の子とまったく話すことができないままに、大人になってしまって、
だけど、カメラを手にすることができたから、どうにかして、「気になるあの娘」と、カメラの中だけであっても、無邪気で、楽しい関係が、作れるようになりました。

……あなたにとっての、最高の写真を。

あなたの「気になるあの娘」、よかったら代わりに、撮影させてください。
あなたの気持ちを写真にこめて、あの娘に届けたいと思います。

写真家・青山裕企


この連載では、読者のみなさんから「気になるあの娘」を募集し、青山裕企さんが撮影しにいきます。今回は初回ということで、まずは青山さんの「気になるあの娘」を撮影していただきました。


写真家・青山裕企の「気になるあの娘」 崎谷 実穂(さきや・みほ)さん

一瞬見ただけで、「絶対に届かない存在だ」って、うちのめされる。それはある意味、絶望的であるんだけれど、絶対に届かないからこそ、自信を持って写真を撮ることは、私にはできます。だから僕は、崎谷さんに「写真を、撮らせてもらえませんか?」とお願いしました。

崎谷さんは、僕が取材を受けたときのライターとして同席したのが初対面だったのですが、彼女のあまりにも、真っ直ぐで聡明な眼差しに、心の中で、思春期の頃によく抱いていた「一目惚れ」にも似た、淡く甘酸っぱい感情が湧き起こりました。(もちろん、取材だから真剣に僕の話を聞いてくれていたということなのですが。)

(不純な世界を生きる)大人であっても、まるで少女のような澄み切った眼差しを持ち続けている人のことを、僕は、心の底から敬っています。崎谷さんは、とても純真な好奇心と、とても芯の強い自己を持っている方だな、と。だから、僕なんかの不純な眼差しを向けるのが、申し訳ない。だからこそ、僕の思春期の頃のまだ真っ直ぐだった眼差しを、写真にしたいって、思ったんです。

そして、真顔で芯の強い表情から一転して、笑顔になったときの、愛嬌のある感じ。愛嬌は老けることはなく、むしろ、大人になればなるほどに、育っていくように思います。そんな崎谷さんが、僕の「気になるあの娘」です。


<今回のモデル、崎谷実穂さんの著書はこちら>

Twitter カンバセーション・マーケティング ビジネスを成功に導く"会話"の正体


「気になるあの娘」モデル大募集!

本連載のために、あなたが気になる魅力的な女性を教えてください! 写真家・青山裕企さんが撮影してくださいます。以下の「応募要項」に沿ってご応募ください。


応募要項

「同じサークルのあの子が気になります」「会社にすごく美人なひとがいるんです」「行きつけのカフェの店員さんがかわいいんです!」など、あなたが気になっている女性を教えてください。

年齢、地域の制限はありません。

どうして彼女を撮ってほしいのかという推薦文と、その女性のお名前、出会った場所、お写真などをお送りください。

まだ知り合いじゃない、などの理由で、写真がない場合でも応募は可能です。その場合は、より一層”熱い”推薦文をいただければ幸いです。

想いがこもったご応募を、お待ちしております!

ご応募いただいた内容を見て、これは、と思った場合は、まずはcakes編集部からあなたにご連絡をさしあげます。その後、編集部と青山裕企さんが先方と出演交渉をいたします。

以下の「必要事項」をご記入の上、下記の宛先までご応募ください。


必要事項(※は必須項目)

■応募者情報

1)氏名
2)連絡先(メールアドレス、電話番号)

■「気になるあの娘」情報

3)氏名
(略称可 ※お店のネームプレートの名前しかわからない場合など)
4)お知り合いですか?(はい・いいえ)
5)連絡先(お知り合いの場合)
6)出会った場所(勤務店、勤務日程の目安など。こちらを参考に、交渉に向かいます)
7)お写真
8)推薦文(文字数制限なし。審査通過された場合、この推薦文を記事に掲載させていただく可能性がございます)

■応募先

件名を「気になるあの娘・モデル募集」にして、support@cakes.muあてにメールをお送りください。
山に海、花火、スイカ割り。純真をまとった女の子たちとの夏の記憶。

夏の純真

青山裕企
ピースオブケイク
2016-09-26

この連載について

気になるあの娘

青山裕企

気になる女の子はいませんか? たとえば、昨日見かけたカフェの店員さん。恥ずかしくて話しかけられないけれど、あの娘の笑った顔がもっと見たい……。そんなあなたの願いを、写真家の青山裕企さんが叶えてくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tai_pfm これ素晴らしい企画だよな...みてるだけでもオモロイ。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

sn_chan_s 企画が凄いし、撮られ慣れてない素人を超可愛く撮れる青山さん、まじで天才なんだよな 2ヶ月前 replyretweetfavorite

minamoco16 気になるあの子がいるので撮って欲しい…応募してみようかなって https://t.co/FfYqhNdcUq 10ヶ月前 replyretweetfavorite

yukiao ぜひ気軽にご応募ください! 10ヶ月前 replyretweetfavorite