第3回 《賢さ》を美しく見せるには? デザインとSF設定の融合

2014年、「ランドスケープと夏の定理」で第五回創元SF短編賞を受賞してデビューした作家の高島雄哉氏。その新鋭が、来る10月に上映されるサンライズのSFアニメ『ゼーガペインADP』のSF考証をすることに! 今回はビジュアル面、デザインとしてのSFについてのレポートです。

■サンライズの会議室

会議室にはモニターがあり、画像や映像をいつでも見ることができます。上には『ゼーガペイン』で主人公たちが乗るホロニックローダーのフィギュアも並んでいます。


写真:著者撮影

入り口は写真右手前にあり、左は窓、右には大きなホワイトボードが置かれています。ホワイトボードの前に監督、向かいにぼくが座り、ハタイケさんはモニターの反対側つまり写真手前の席、というのが基本的な席の配置です。画面左奥のパソコン席に設定制作の泉さんが座ってモニターを操作します。

■美術の打ち合わせ

SF設定には、物語のSF的展開や世界観を考える《アイデア系》、SF用語を作ったりチェックしたりする《テキスト系》、そして道具や図をSF的に監修する《ビジュアル系》があります。今日の打ち合わせは《ビジュアル系》。いつものスタッフに加えて、様々なアニメ作品で先進的かつ美しいお仕事をされている天才デザイナーのお二人、内古閑智之さんと山田可奈子さんが打ち合せにいらっしゃいました。席は監督の正面です。CHProductionの内古閑さんは『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』のアートディレクションなど、山田さんは『PSYCHO-PASS サイコパス』のモニターデザインなど、お二方とも多数の作品に参加されています。

■賢さのSF設定

『ゼーガペイン』はハードSFアニメです。主人公キョウたちにとっての敵であるガルズオルムは、自らを情報化することで進化を加速させ、非常に高度な科学を有しています。主人公のセレブラム側もそれに対抗するべく優れた知性を持っているわけですが、《賢さ》を表現するというのは、なかなか難しい課題です。

たとえば「彼女は若くして教授になったから天才だ」といった文章的な説明は、アニメらしい見せ方ではありません。できればもっと視覚的に《賢さ》を見せたいわけです。アニメシリーズではセレブラムもガルズオルムも次々と相手を凌駕する新技術を開発していきました。それを実際に戦闘シーンで見せていくことで、双方の《賢さ》そのものが伝わったわけです。

それは全26話のテレビシリーズならでは見せ方だったと言えるでしょう。『ゼーガペインADP』は劇場公開される、一本の長編作品です。ひとつのシーンで端的に《賢さ》を表現できないかと考えていきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
世界を設定する SFアニメ現場レポート

高島雄哉

SF作家による、サンライズのSFロボットアニメ『ゼーガペインADP』の製作現場レポート!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uchikoga 「《賢さ》を美しく見せるには? デザインとSF設定の融合」というお題目で、恐縮ながら内古閑の名前も出てます。山田は元CHPスタッフで『ゼーガADP』ではモーション等を手伝ってもらっています。 世界を設定する SFアニメ現場レポート https://t.co/pgxsvFnpTi 3年以上前 replyretweetfavorite

zega_official 最後に、ADPのSF考証・高島雄哉さんによる連載記事の最新話が更新されています。是非ご覧下さい! 第3回 《賢さ》を美しく見せるには? デザインとSF設定の融合 https://t.co/3nVHPgkSsJ #zega https://t.co/lh3nKuw51g 3年以上前 replyretweetfavorite