結婚に「ときめき」は必要か?—新婚腐女子座談会vol.9

結婚した腐女子の皆さまに独自の結婚談を語っていただく新婚腐女子会もいよいよ最終回。最後に、腐女子としてのアイデンティティを失わずに私生活を楽しむ極意について伺いました。

※本連載の参加者の方の発言は、あくまで個人の見解にもとづくものとなります。

【メンバー紹介(仮名)】

カラ子(30歳)
新婚26ヶ月。10年以上付き合った恋人と同棲、結婚。腐女子を卒業している時期に恋人になったため、後々カミングアウトする必要が。相手は非オタクだったが、微妙にカラ子さんに染まりつつある。最近の推しジャンルは「Free!」で、原作をアニメ映画化した『ハイ☆スピード―Free! Starting Days―』に絶賛ハマっている。

トド子(26歳)
新婚10ヶ月。SNSを通じて知り合った相手と電撃結婚、関西から東京に移住した。相手は非オタクだからときどき腐女子顔負けのBLセリフを吐く。最近の推しジャンルは「昭和元禄落語心中」。

チョロ子(27歳)
新婚2年目。顔が超絶好みだった元カレに振られ、意気消沈しているところでうっかりワンナイトラブした現在の相手と交際、結婚。外ではドS鬼畜だが家庭ではデレデレのドMな彼をうまく調教して同人誌即売会の売り子などさせている。最近の推しジャンルは「刀剣乱舞」。



恋愛に向いているのと結婚に向いているのは違う

岡田 「恋愛」と「結婚」の切り分けについてはいかがでしょう? 私、結婚してみて「自分って恋愛に向いてなかったんだな」と実感しました。

トド子 岡田さんにとっては、結婚より恋愛のほうが厳しかったんですか?

岡田 厳しかった! だって恋人に対して「この人なんでしょっちゅう連絡してくんの?」とか思ってたもん(笑)。次に会えるのは来週末だね、って言って解散したのに、なんで用事もない平日に意味のないメールしてくんの? みたいな……。

編集R 単純にあまり好きじゃなかったという説もあるのでは(笑)。

岡田 違うよ!(笑) 好き、ではあるんだけど、そういうロマンティックなやりとりを継続して愛を育むのが難しいの! きっと私は「ときめきを維持する能力」みたいなものがすごく低いんだと思う。恋人同士って、メールひとつとっても一喜一憂する「恋の駆け引き」じゃないですか。婚姻という契約を交わした配偶者とは、そういうのナシでいられるのがラクだよなぁと。今は「これから帰るけど晩ごはんどうする?」「街でこんなもの見つけたよー」みたいなやりとりだけだから平穏だし、十分ハッピー。

カラ子 それはもしかしたら恋愛と結婚の違いというより、恋愛のままで終わってしまった人と結婚まで行った人の違いなのかもしれない?

岡田 なるほど、なるほど。

結婚相手は「空気」である

チョロ子 それで言うと、私は「空気になれるかなれないか」だと思いますね。

岡田 空気?

チョロ子 その人がいるだけで楽に呼吸ができるというのが、いい結婚相手なのかなと思うんですよね。私は、その前の彼氏とつきあっていたときは、「可愛くしてなきゃ」とか「あれ言ったら嫌われるかな」とか、いろいろ考えて疲れてましたね。好きだったけど「空気」じゃなかった。今の旦那は、死ぬほど好きかと聞かれたら、「うーん、まあ好きだよ?」って感じなんだけど、一緒にいると肩の力が抜けるんです。恋愛でいくら好きな人ができたからって、結婚してうまくいくかというとそうでもなくて、むしろ好きすぎる人ほどうまくいかないんじゃないかな。

トド子 私は別に、恋愛と結婚が分かれているという感覚がないですね。私の場合、夫以外の恋人に対しても、別に「この人と結婚はできないな〜」とかは考えてなかった。恋愛の始まりじゃなくて、1〜2年経って安定している時期が好きというのもあるかもしれない。

チョロ子 それは結構めずらしいかもしれないですね。

トド子 「付き合うのかな? 付き合わないのかな?」とか「ちょっと遊ばれてるんじゃないかな?」というようなことを考えている、不安定で計算や駆け引きをしないといけない状態が苦手で。
 だから、結婚してもうそれをしなくていいんだっていうのが楽ですね。周りから「まだ彼氏いないの?」とか会社の人から「結婚しないの?」って言われたりするようなところからも一歩引けて、夫だけを見て仲良く生活できるように頑張ればいいので。誰もいない状態って、全方位の男性に気を配らないといけない感じがあるじゃないですか。

岡田 ドッヂボールでいう「内野にいる」みたいな……。飛んでくる球を、受けるか、避けるか、失敗したら死、みたいな。

トド子 そうそう、内野にいたので(笑)。別にみんなにモテたかったわけじゃないけど、チャンスがあればボールを拾っていかないといけなかったのが、今は夫の好みでさえいればいいわけで、他の男の人に「恋愛対象外」とか、どう思われても全然平気。あの中にいるときは、やっぱりストレスだったんだなと感じます。楽しく趣味に勤しんでいるのに、赤の他人から「好きなことばっかりしてると結婚できないよ」とか言われたり、そういう外野の声が消えたのは楽です。今婚活なり何なりしている人に対しては、マウンティングのように聞こえるかもしれませんが……。

岡田 わかりますよ。表現が難しいのは、「内野でボールの的にされるのが嫌だったら、婚活して結婚するしかない」のか? というと、あながちそうでもないこと。「外野に出て初めてストレスに気づいた」というだけの話で、結婚はそのきっかけに過ぎない。

「結婚したい腐女子」が結婚するには?

岡田 さて、最後に敢えて頭の悪い質問をしてみましょう。「結婚したい腐女子」のみなさんに、先輩として伝えておきたいことはありますか? まぁ、聞こえようによってはそれこそマウンティングにしかならないかもしれないので、「鬼女(※)にあれこれ言われたくない!」という読者の方はここでブラウザを閉じてくださいね!
※2ちゃんねるの「既婚女性板」で使われている既婚女性の俗称。既女→鬼女。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハジの多い腐女子会

cakes編集部

キラキラした容姿に幅広い交流関係を持つ、いわゆる「リア充」な女子達の専売特許に思える「女子会」。しかし、ふだんはヲタトークに花を咲かせている腐女子達だって実は恋愛やプライベートの悩みを話し合いたい! それぞれの悩みをかかえた4人の腐女...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hinata_honjo おー。これはいい話。そうだよなー。 約3年前 replyretweetfavorite

ayu31de たしかに「常に一緒にいたがる男性」は合わないんやろうなあ 約3年前 replyretweetfavorite

nanamurananako 1人でも楽しめる女が結局 約3年前 replyretweetfavorite

maro_pinkpalace 全力で同意してる 約3年前 replyretweetfavorite