言うべきことを言えない人」は相手にまったく“共感”してない

スクリプトドクターの三宅隆太さんと、直木賞作家の三浦しをんさんによる「創作お悩み」対談第3回。アマチュア脚本家たちの悩みにこたえるために『スクリプトドクターの脚本教室』シリーズを世に送り出している三宅さん。そんな三宅さんが、脚本学校の授業を聞いて驚くのが、「脚本家は現場に行ってはいけない」という教えがいたるところで伝授されていること。いったいなぜそんな「常識」がまかりとおっているのでしょうか?

ソフトストーリー派にこそプロになってほしい理由


三浦しをん(以下、しをん) 駆け出しの脚本家さんが、映画制作に必要な政治力や経済観念を身につけるのは大変ですよね。デビュー後にかなりの経験を積まないといけないのではないですか?

三宅隆太(以下、三宅) まったくその通りです。だからこそ、今回の『中級篇』では「アマチュアのソフトストーリー派」に向けた内容を書きました。「プロのソフトストーリー派」は活路を見いだして、きちんと食べていけている人たちなのでいいんです。でも、「アマチュアのソフトストーリー派」は道に迷うことが多くて大変なんですよね。
 ちなみに、「アマチュアのソフトストーリー派」というのはまたぼくの造語で、

・ストーリーから企画を発想するのが不得手で、明確なログライン(きっかけとなる出来事によって発生する主人公の変化・成長の工程や、クライマックスに至るまでの葛藤の構造を2行程度にまとめたあらすじ)を書こうとしない
・構成に対する苦手意識が強く、プロットを書きたがらない
・なんらかの会話シーンを立ち上げ、主人公が口にしそうなセリフをつかむと、いきなり脚本を書き始める

といった特徴を持つ人です。そうしたパターンの人は「日常的な出来事を扱った良質な短編脚本」を書くのはとても得意なんですが、才能がなかなか評価されず、ぼくはもったいないという思いを抱えていることが多い。

しをん うぐぐ、私もプロットを立てずに小説を書くときがありますね……。

三宅 まぁでも、小説の場合は、プロットがなくてもオッケーなケースもあると思いますし(笑)。ただ、脚本の場合、とくに中編や長編はプロットを書いたほうが良いとされています。特にプロになったら、プロットは絶対に求められてしまうので、アマチュアのうちに書けるようになっていたほうがいい。
 ちなみに、サボったり楽をしたりしたくてプロットから逃げちゃう脚本家志望者もいるんですが、「アマチュアのソフトストーリー派」は、本当に本気でプロを目指したいと思っているにもかかわらず、プロットを書いてから脚本を書くというようなことが「自分の特性」に合っていないと感じ、苦しんでいる人が多いですね。

しをん うぐぐぐ、身に覚えが……。えーと、「ソフトストーリー派」であることと、「映画制作における政治と経済」とに、どういう関係があるんですか?

三宅 僕は実は彼らは「政治と経済」が得意だと思うんですよ。

しをん え? 逆に思えますが。ソフトストーリー派っていうのはロジカルなことが苦手で、どちらかと言えば人物の感情とかを重視する人ってことですよね。「政治と経済」って、もっとロジカルなものなのでは?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
脚本のお医者さんと罠にハマる原作者?—三宅隆太×三浦しをん対談

三浦しをん /三宅隆太

ストーリー作りとは「自分探し」である! 心理カウンセラーとしての資格をもち、脚本のお医者さん=スクリプトドクターとして活躍する三宅隆太さんが、創作者が自らの「心の枷」をはずしながらシナリオが書けるようになる実践的な脚本術をつづった『ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Yanke73 脚本家の頭の中。 12ヶ月前 replyretweetfavorite

pata_po あとでゆっくり読み直す https://t.co/XG1FAwmz0o 12ヶ月前 replyretweetfavorite

suduker みてる: 12ヶ月前 replyretweetfavorite

GEN_9 あとで言及する用メモ 脚本かかない人も目を通す価値めっちゃあると思う。 約1年前 replyretweetfavorite