映画づくりの大半は「政治と経済」である

スクリプトドクターの三宅隆太さんと、直木賞作家の三浦しをんさんによる「創作お悩み」対談第2回。数々の作品を生み出し、そしてその実写化にもかかわってきた三浦さんの「小説」と「映像」双方に対するお悩みに、三宅さんはどんな処方箋を出すのでしょうか? そして日本の映画業界、脚本家教育の現場がかかえるお悩みとは?

とにかく顔を合わせて話すのが一番!だけど……

三宅隆太(以下、三宅) さっきも言いましたが、実は映画製作の現場側の事情として、原作者さんに話を持っていく時点では、まだ具体的なアレンジの方向性が決まっていなかったり、決定的な説得材料を持てていない状態だということも多いんですよね。

三浦しをん(以下、しをん) はい、そういうことはあるでしょうね。

三宅 それでドクターとして参加していると、たまにプロデューサーから「まだ決まっていないことが多いので、原作者と顔を合わせるのを躊躇している」と相談されることがあるんですけど……ぼくは顔を合わせたうえで、シンプルに「本音」を言えばいいと思うんですよ。「我々にはこういう意図があるものの、まだ確定とはいえないから、とりあえずプロットが上がるまで待ってくれ」って。

しをん はい。プロデューサーさんがそう言ってくださってるのに、「うんにゃ、待てん!」って怒る偏屈者はいないと思います。

三宅 ただ、やはりこれも日本映画界の構造の問題で、企画の開発から実際の制作までのスケジュールに余裕がないことも多い。原作者にプロットを見てもらうことにして万一NGが出たら、シナリオの初稿にすすめないし、プロット段階でキャスティングをしたり撮影場所の許可をとったりということもできなくなるんですよね。それが原作者とのディスコミュニケーションの一因ともいえる。

しをん えーと、ちょっと待ってください。プロットの段階で、すでに撮影の準備をいろいろすすめてるんですか? 私はどんなときも、「シナリオを読んで納得するまで契約しない」という条件でお願いしているんですが、三宅さんのおっしゃるようなケースでは、シナリオどころか、もうプロットを読む前から契約しちゃってるってこと?

三宅 おそらくそうでしょうね。

しをん それは問題発生率が高まりそうな気がしますな。

三宅  ん? ……ああ、そっか。ごめんなさい。ちょっと言葉が足りなかったかもしれませんね。プロットで撮影の準備を進めるといっても、原作者がなにも知らされないうちに、いつのまにか勝手に映画化の準備が進んでいる、ということではありませんよ。映画化チームがスムーズにシナリオ段階へと進むことができずに、プロットを詳細に詰めていく作業が続いてしまうケースがある、ということです。
 少し長くなりますけど、説明しますね。そもそもプロットも読まずに契約してるというケースはきわめて希だと思います。そういうケースはプロデューサーと原作者が元々知り合いで、親しい関係性にあったりして「口約束的」に契約が交わされたり、あるいは初めましての関係だとしても、映画化に対して理解がある原作者だったりする場合もあります。例えば、これまで何度か映画化された経験がある原作者のなかにはプロットやシナリオを読まずに「いいですよ、好きにやってください」と言ってくれるケースなんかもあるわけです。

しをん あ、それはありますね。プロット読まずに、「あなたに託します。よろしくお願いします」というケース。とはいえやっぱり、シナリオができた時点で読ませてもらいましたが(笑)。もともと気心知れてる相手だったから、シナリオに関するやりとりもスムーズだったし、楽しかった。

三宅 そうそう。そういう感じだったら別に何の問題もない。ぼくがさっき言った状況(プロット段階でキャスティングをしたり撮影場所の許可をとったり)はそういうケースで起きるのではありません。
 例えば、原作者サイドには「企画開発の初期段階のプロット」を読んでもらい、映画化に向けたアレンジの方向性にも「大筋で」「当初は」了解をもらってるような場合です。つまり、シナリオではなくてプロットを元に契約が済んでいるパターンですね。この段階で原作者サイドからの「映画化へのGOサイン」は出たことになりますので、映画化チームは次の段階に進むことができます。ただ、その場合でも、そこからすぐに脚本家がシナリオの初稿に入らせてもらえるとは限りません。例えば、原作者サイドと交わした契約の段階では、プロデューサーと脚本家とでプロットを組み立てていた、と。そのうえで誰が監督をするのかがまだ確定してなくて、あくまで「想定の候補としての監督名」を原作者サイドに伝えてあるとします。
 ところがその後、想定していた監督がなんらかの理由で交代になってしまい、新しい監督が入ることになったとします。結果、その新しい監督がホン打ち(脚本打ち合わせ)に参加するようになり、「いまのプロットじゃ弱い」とか「もっとちがった方向性にしたい」と言ったとします。ようするに、まだシナリオ作業には入らずに、より一層プロットを詰めていく作業に時間を掛けたい、もうすこし内容の検討を重ねたい、と。そういうケースがままあるんです。
 これはこれで無理もない話です。監督は途中から参加したわけですから、その時点でのプロットに自分の意志は反映されていませんからね。「自分が撮る以上は、こういう映画にしたい」と考えるのは当然ですし、その時点でできあがっているプロットに物足りなさを感じることもあるでしょう。

しをん はい、それはそうでしょうね。

三宅 ええ。ただし、そうなると、プロットの方向性が原作者サイドの了承を得たものとは変わってくる可能性がでてきます。そこでプロデューサーは「とりあえず、として」監督の意向を呑んだ、とします。でも、まだ具体的にどう変わるかは分からないわけですから、その時点で原作者サイドに「新しい監督が加わったことで、こないだ読んでもらったプロットとは〈ここ〉や〈あそこ〉が〈このように〉変わります」とは伝えられないですし、中途半端に伝えたら、原作者や出版サイドを不安にさせるだけかもしれないから細かくは伝えない、という選択をするかもしれません。あるいは「少し変わるかもしれないから、新しいプロットを待っててください」と伝えるかもしれない。
 こうなると、原作者サイドは「映画化にOKを出しはしたものの、事実上は、まだプロットを読んでいない状態」に戻ることになります。さきのプロットはもはや機能してないわけですからね。

しをん ふむふむ。

三宅 いずれにせよ、脚本家はシナリオの初稿に着手できないまま、監督の意向に合わせて、プロットの改稿を続けざるを得なくなります。監督が自分でシナリオやプロットを書ける人の場合は、「前のプロットをどう変えたいのか」をふまえたバージョンを本人に書いてもらうのが一番いいですが、ご自分では書けない監督もいます。その場合は、脚本家が探っていくしかない。
 これはこれで仕方がないことです。結果、新しいプロットを書いては打ち合わせ、また新しいのを書いては打ち合わせ、という流れがつづきます。

しをん 聞いてるだけで、息が苦しくなってきましたよ……。

三宅 でも、そうこうしているうちに、当初のプロットとはあきらかに方向性が変わってきてしまった、となる。当然、どこかの段階で「最新のプロット」を原作者サイドに読んでもらわないといけないわけですから、プロデューサーは原作者や出版社の担当者に会いに行きます。もしくはメールで連絡を取る。
 その後、原作者サイドからは「新たな意見」が出てくることになります。彼らはプロットが変質していった経緯に立ち会っていないのだから、当然です。そのうえで、プロデューサーは原作者からの「新たな意見」を呑むとします。場合によっては、呑まないと原作者サイドから原作権を取りさげられてしまうかもしれない、という不安があるのかもしれません。

しをん ううう、胃まで痛くなってきやがったぜ……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
脚本のお医者さんと罠にハマる原作者?—三宅隆太×三浦しをん対談

三浦しをん /三宅隆太

ストーリー作りとは「自分探し」である! 心理カウンセラーとしての資格をもち、脚本のお医者さん=スクリプトドクターとして活躍する三宅隆太さんが、創作者が自らの「心の枷」をはずしながらシナリオが書けるようになる実践的な脚本術をつづった『ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Sinnichio 映画実写化がどう作られるか。駄目映画は脚本家、監督、原作者の案を顔色伺ってとりあえず入れた結果なのかなー 約3年前 replyretweetfavorite

consaba 三宅隆太+三浦しをん対談 三宅さんのご本を拝読して、「私は絶対にスクリプトドクターにはなれない!」と思いました  約3年前 replyretweetfavorite

matta800204 三宅隆太は多くの人が関わるプロジェクトドクターでもあったのだ! 約3年前 replyretweetfavorite

ScriptDoctorMR 更新されました!→ 約3年前 replyretweetfavorite