一故人

千代の富士貢—昭和の大横綱はなぜウルフと呼ばれたのか?

昭和を代表する力士の一人、千代の富士貢。彼の人生は、ライバルたちとの戦いであるとともに、怪我との苦闘でもありました。体力の限界まで戦い抜き、その後あまりにも早い死を迎えた彼の人生を、今回の「一故人」はたどります。

昭和の終わりを飾った53連勝

昭和天皇は大の好角家として知られた。大相撲観戦の回数は、学習院初等科から数えるとじつに71回におよぶ。1988(昭和63)年9月18日にも両国国技館を訪れる予定だったが、折から高熱が続いており、大事をとって中止となった。天皇の容体が急変したのはその翌日の夜中のことだった。

このあと昭和天皇の病状は一進一退を繰り返す。9月24日には最初の危篤状態に陥るも、何とか乗り切った。あくる日、意識の戻った天皇は「全勝か」と侍医らに訊ねたという。ちょうど大相撲秋場所の千秋楽で、第58代横綱・千代の富士貢(2016年7月31日没、61歳)の成績を気にしての質問だった。

千代の富士はこの年5月、夏場所の7日目に花乃湖に勝って以来、連勝を続けていた。7月の名古屋場所、そして秋場所と全勝優勝をはたす。これにより優勝回数は25を数え、北の湖の記録を上回り大鵬の32回に次ぐ歴代2位(当時)となった。それまで連勝など考えもしなかった千代の富士だが、この記録更新で一つ大きな仕事が達成できたと思い、楽な気持ちで相撲が取れるようになったという(『プレジデント』1989年12月号)。

千代の富士の連勝は11月の九州場所にも続いた。7日目には目標に置いていた大鵬の45連勝を抜いて歴代2位(当時)となる。その夜、当の大鵬親方と街でばったり会い、「連勝記録は一番一番の積み重ね。これからも一日一日、大事に取ってもらいたい」と激励された。ファンやマスコミからも、史上最多記録である双葉山の69連勝の更新を期待する声が高まる。本人にはそんな大それたことができるわけがないとの思いもあったというが、大鵬の言葉を胸に着実に連勝を伸ばしていった。14日目には53連勝にまで伸ばして優勝を決める。しかし11月27日の千秋楽、横綱・大乃国(現・芝田山親方)に敗れて双葉山超えはならなかった。

そのあいだ昭和天皇の病状は重くなる一方で、もはや九州場所をテレビ観戦する体力すら残っていなかった。結局、千代の富士が連勝を阻まれた取組が、昭和の大相撲の締めくくりとなる。翌89年1月、昭和天皇は崩御、元号は平成に改まった。千代の富士の目標は、元小結・大潮の持つ通算964勝という記録の更新、さらには前人未到の通算1000勝へと移っていく。

角界入りは「飛行機に乗せてやる」の言葉に誘われて

千代の富士、本名・秋元貢は1955年6月1日、北海道松前郡福島町に生まれた。津軽海峡に面する福島町は、青函トンネルの北海道側の建設基地として栄えた町だ。この町からはまた、第41代横綱の千代の山雅信が輩出されている。スポーツ万能だった秋元少年に力士の素質を最初に見出したのも、千代の山とつきあいのある地元の人たちだった。

地元の関係者から話を聞いて、1970年8月、中学3年生だった秋元少年の家に元千代の山の九重親方がスカウトに訪れる。それまで角界入りをすすめられても「相撲は好きじゃない」と断っていた秋元少年は、親方直々の誘いにも当初気乗りしなかった。しかし「飛行機に乗せてやる」の殺し文句に気持ちが一変する。飛行機のプラモデルをつくるのが好きだった彼は、本物に乗れるというだけで、東京行きを決めたのだった。

九重親方はこのとき地方巡業で福島町に来ていた。その弟子の北の富士勝昭は、ちょうど同年に第52代横綱になったばかりだった。北の富士は巡業中に親方から秋元少年と引き合わされ、「坊や、俺の名前を知ってるか」と訊いたところ、「知りません」と言われてガクッと来たという。それほど少年は相撲に興味がなかったのだ。しかし恥ずかしがったりおびえたりもせず、けっして視線をそらさない彼の態度は、北の富士に強い印象を残した(『文藝春秋』1989年12月号)。

上京した秋元少年は、9月の秋場所の新弟子検査に合格して、本名の「秋元」で初土俵を踏む。続く11月の九州場所は「大秋元」、さらに翌71年1月の初場所に際して「千代の冨士」の四股名を親方より与えられた(千代の「富」士となったのは75年初場所)。だが、もともと陸上でオリンピック出場を夢見ていた彼は、いまひとつ相撲になじめなかった。転入した台東区立福井中学では、区立中学連合の陸上競技大会に出場し、あこがれの国立競技場にて砲丸投げで2位に入賞までしている。そもそも約束では中学卒業まで相撲をやって、いったん北海道に帰り、それから先は相談して決めることになっていた。千代の富士は71年の春場所が終わると、郷里の高校に入って陸上に打ちこむつもりで、荷物も実家へ送り帰してしまった。あわてた九重親方は、何とか東京に引きとめるべく、明治大学付属中野高校に入学させる。

しかし高校では陸上部ではなく、相撲部に入れさせられた。しかも通学するうちに学業と相撲の両立の難しさに気づく。結局、高校は半年で退学し、相撲一本で行くことを決心した。これに親方は泣いて喜んでくれたという。

1971年の九州場所では三段目に昇進しながら、場所前の稽古中の骨折により全休、翌年の初場所には序二段に逆戻りする。それでも千代の富士は、けがの回復とともに猛烈な闘志で稽古に励み出した。兄弟子の北の富士から「オオカミ」というあだ名をつけられたのはこのころだ。一説には目をランランと光らせながら稽古する姿からつけられたとも、あるいはチャンコを なた みたいなものを持ってつくっていたところからの命名とも伝えられる。いずれにせよ、つけられた本人はあまり気に入らなかったらしい。オオカミは昔話などで悪役のイメージが強いからだ。やがてオオカミでは言いにくいと、英語の「ウルフ」に変わり、これがのちの横綱昇進前後に一般にも広まっていった。

自腹を切りタクシーで出稽古にまわる

幕下時代の千代の富士の写真を見ると、痩身で鋭い目つきをしており、たしかにオオカミにそっくりだ。しかし彼には大きな弱点があった。それは肩だ。幕下となっていた1973年夏場所で左肩を脱臼してからというもの、何度も肩を抜いては休場を余儀なくされた。もともと肩の関節のかみ合わせが浅く、根本的に治すには手術をするしかないと医者から言われていたという。しかし手術するカネも、回復まで待てる時間も、若い千代の富士にはなかった。

1975年の秋場所では東前頭11枚目として初入幕したものの、こんどは右腕の筋肉を断裂する大けがを負う。完治までには時間がかかり、次の九州場所では十両に降格したあげく、翌76年の春場所から夏場所にかけては幕下陥落という屈辱を味わった。さらにこのあと十両から幕内に復帰するまでは1年半、9場所もかかることになる。おかげで一時やる気を失った千代の富士は、タバコや酒に夜遊びと自暴自棄な生活を送ったという。この間、師匠である元千代の山の九重親方が1977年10月に死去、九重部屋は北の富士(当時、井筒親方)が引き継いだ。

けがの頻発は、力まかせに投げ飛ばす強引な相撲が原因だった。それが1979年の春場所に右肩を脱臼したのをきっかけに、劇的に変わっていく。このけがのため再び十両に落ちた千代の富士だが、公傷扱いとはならなかった。そこで、次の夏場所には、肩に大きなサポーターをつけながら3日目から出場する。はたして千代の富士はこの場所で9勝をあげ、みごと2度目の幕内復帰を決めた。

これを境に、彼は相撲の型を根本から変える必要性を感じるようになる。強引に投げ打つ取り口では肩に負担をかけ、また脱臼するかもしれない。そこで、素早く相手の左前 みつ をとって一気に突っ走る正攻法の相撲をとるようになった。これとあわせて、医師のすすめにより肩の周辺の筋肉強化に励んだ。ダンベルを使ったウエートトレーニングのほか、腕立て伏せも1日300~400回と欠かさなかった。もっとも、照れ屋で人前では努力しているところを見せたがらない千代の富士は、自分の部屋で黙々と腕立て伏せをしていたらしい。彼の部屋の畳があまりに擦り減るので、あげくの果てに擦り減らないよう花ござを上から敷いたという。

こうして変えた型にたしかな手ごたえを感じたのは、東前頭3枚目だった1980年の春場所10日目、横綱・若乃花(二代目)から金星をとったときだ。このとき、元北の富士の九重親方から「あの相撲をとればおまえは伸びていく」と言われ、自分でも満足感を抱いたという(『WILL』1989年2月号)。同場所では初の技能賞を獲得、同年11月の九州場所は関脇として迎える。

なお、当時の九重部屋には千代の富士を除けば関取が一人しかおらず、場所前には相手を求めてほかの部屋へ出稽古にまわった。初めは部屋所有のマイクロバスを使っていたが、関脇にもなると自腹を切ってタクシーを利用するようになる。それでも彼は《さすらいの一匹狼だよ。(中略)出げいこのタクシー代、しめて六万円ナリさ》とさらりと言ってのけた(『現代』1981年2月号)。

「ウルフ・フィーバー」が始まったのは、このころだった。その精悍な顔立ち、力士らしからぬ筋肉質の体に魅了された女性は多く、彼を一目見ようと部屋や場所中の会場にはファンが殺到した。また国鉄(現JR)が1980年10月、千代の富士をモデルにしたポスターを各駅に掲示したところ、盗難があいついだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
一故人

近藤正高

ライターの近藤正高さんが、鬼籍に入られた方を取り上げ、その業績、人柄、そして知られざるエピソードなどを綴る連載です。故人の足跡を知る一助として、じっくりお読みいただければ幸いです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 近藤正高  2年以上前 replyretweetfavorite

suerene1 https://t.co/pTgb1fOEIn 2年以上前 replyretweetfavorite