地政学超入門

第11回】ユダヤ、キリスト、イスラム こんなに違う宗教と経済観

世界三大宗教といわれるユダヤ教、キリスト教、イスラム教にはお金にまつわる教えが多い。そこから生まれた「経済観」は、それぞれの宗教を信じる国民や民族の経済力として表れる。
 歴史上で世界の覇権を握ってきた国々は、必ずよりどころとなる宗教を持っていた。そして、覇権の基盤となる経済力の背景には、やはり「宗教的な価値観」がある。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
地政学超入門

週刊ダイヤモンド

複雑怪奇な国際情勢を理解するために、地政学的な見方の重要性が増している。地政学では、ある地域の政治、経済、軍事、社会的な動向には、その地理的な位置や形が大きな影響を与えていると考える。また、その地域や民族が持つ行動原理を知るには、現在...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません