地政学超入門

第8回】日本の弱点はエネルギー調達 石油が招いた真珠湾攻撃

75年前、日本はなぜ無謀ともいえる太平洋戦争(1941~45年)に突入してしまったのか。その理由は、エネルギーの調達という観点から見れば、明らかになってくる。

 明治時代初頭、当時の日本のエネルギー源はまだまきだった。それが英国から遅れること100年の19世紀後半から、日本でも産業革命が起こり、まきから石炭の時代に。九州や旧満州で石炭の採掘が始まった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
地政学超入門

週刊ダイヤモンド

複雑怪奇な国際情勢を理解するために、地政学的な見方の重要性が増している。地政学では、ある地域の政治、経済、軍事、社会的な動向には、その地理的な位置や形が大きな影響を与えていると考える。また、その地域や民族が持つ行動原理を知るには、現在...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません