リオ五輪の裏で浮き彫りになった異様な「白人男性の特権意識」

2004年のアテネから4回連続でオリンピックに出場し、6つの金メダルを含む合計12のメダルを獲得した競泳選手ライアン・ロクテをご存知でしょうか。そんな輝かしい功績を持つスポーツ選手が、残念な事件でスポットライトを浴びています。アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんがこの事件の裏にある異様な「白人男性の特権意識」を指摘します。

リオ五輪での裏でおこった異様な事件

ライアン・ロクテは、2004年のアテネから4回連続でオリンピックに出場し、6つの金メダルを含む合計12のメダルを獲得した競泳選手だ。188センチメートルの長身とモデルのようなルックス、チャーミングな笑顔も加わり、アメリカではマイケル・フェルプスに並ぶ有名人だ。


ライアン・ロクテ|google画像検索

リオ・オリンピックでの個人競技では期待外れの結果だったが、リレーでなんとか金メダルを獲得した。

競泳はオリンピックの前半に行われるので、選手たちは後半を他の競技の観戦や遊びに費やすことができる。金メダリストの場合は、豪華なパーティに招かれたり、優遇されたりもするようだ。そこで羽目を外したり、いざこざに巻き込まれたりする選手の噂もときおり耳にするが、8月14日に報道された事件は異例だった。
ロクテを含む4人の競泳選手が、警官を装った集団から銃を頭につきつけられ、現金を奪われたというものだ。

当初のアメリカ人の反応は「リオ・デ・ジャネイロは怖いところだ」、「なぜもっと警備を徹底しないのか?」という主催地への批判だった。ところが、ブラジル当局の調査が進むにつれ、ロクテの最初の説明が疑わしくなってきた。

驚くべき真相と輪をかけて驚くべきオリンピック広報の対応

まだすべては明らかになっていないが、監視カメラと当事者の証言により現時点で信じられているのは次のような経緯だ。

日曜の早朝にパーティからタクシーで戻る途中、4人の競泳選手はガソリンスタンドに立ち寄り、そこで、壁に放尿し、トイレのドアや備品の数々を壊すなどして暴れた。その後タクシーで去ろうとする選手たちを警備員が止め、損害への支払いを求めた。このときに、警備員の一人が銃をちらつかせた。一部の報道では、ロクテは泥酔しており、破壊行為を率先したのもロクテだったという。


The New York Times

ロクテと同行していたグンナー・ベンツ、ジャック・コンガー、ジェイムス・ファーゲンはブラジル警察の要請に応じて帰国を取りやめ、事情聴取に応じている。けれども、ロクテはすでにアメリカに帰国しており、中途半端な謝罪をしただけで、ブラジルに戻ることは拒否している。ブラジル警察は、偽証罪と器物損壊罪での訴訟も考慮しているというが、当然のことだ。

驚くのは、最初の記者会見でのリオ・オリンピック広報担当のマリオ・アンドラダの意見だ。

「あの子たちは、楽しもうとしていただけだ。……彼らは何年もトレーニングし、大きなプレッシャーのもとで競った。……調査中なので私はこれ以上事件については言えないが、あの子たちを許してやろうじゃないか。人は、後悔するような行動をときおり取ってしまうものだ。ロクテは、史上最高の競泳選手のひとりだ。彼らは楽しんで、羽目を外して失敗したが、人生はそういうもの(life goes on)」

アンドラダは、ロクテらを繰り返し「kids(子どもの愛称)」と呼んだ。そこには「男の子って、やんちゃなものさ」というニュアンスが感じられる。だが、ロクテは4回もオリンピックに出場しているベテランの32歳だ。「若いから失敗もするさ」で許されるような年齢でも立場でもない。

浮き彫りになる白人男性の異様な特権意識

ロクテに比べ、アメリカの世論は、20歳の黒人女性である女子体操選手ギャビー・ダグラスに異様に厳しかった。団体での金メダル授賞式で、ひとりだけ左胸に手をあてていなかったダグラスに、ネットで「態度がなっていない」、「愛国心に欠ける」という中傷や攻撃が集中した。(アメリカでは国歌演奏のときに左胸に手を当てる人が多いが、義務ではないし、公式の慣しでもない)

ロクテとダグラスへの対称的な対応は、アメリカに根強く残っている「白人男性の特権意識」を浮き彫りにしている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

A_Okihasam 何?ロクテ選手他数名の米オリンピック選手は襲われたんじゃなくて自分達の方が乱暴狼藉を働いたってのが真相だったのか!? → https://t.co/UZUA9lqjw5 約1年前 replyretweetfavorite

prisonerofroad 79件のコメント https://t.co/c0DFbJMjDI #olympic #society 約1年前 replyretweetfavorite

prisonerofroad 79件のコメント https://t.co/c0DFbJMjDI #olympic #society 約1年前 replyretweetfavorite

XianshengP 「男の子はやんちゃだから仕方ないね」で失敗を繰り返し許される人生を送ってきたからだろう。 1年以上前 replyretweetfavorite