ブス図鑑

無頓着ブスは日光と戦わぬ非暴力服従主義、殴られるがままのガンジー

夏、太陽が眩しいですね。
日焼け予防、紫外線対策はしていますか? ブスも紫外線を容赦なく浴びます。
その紫外線の浴び方が、ブスと非ブスの分かれ道に…!?


宗教上の理由かというぐらい、無頓着ブスは日焼け止めを塗らない

真夏である。みんな戦っているか? 紫外線と。

古来より、日本の女の一生は、〝毛〟と〝日焼け〟との戦いで終わるといわれている。

この季節になると、アームカバーに、溶接でもするのかというような顔全体を覆うサンバイザー、首にタオルを巻いた「おっ、これからボス戦ですか?」というような出で立ちで闊歩する淑女をよく見かける。このように、紫外線と戦うには、これくらいの重装備が必要なのだ。

しかも、そういう日焼け対策をしているのは若い女だけというわけではない。やはり日焼けとの戦いは一生続くのである。
だが、「無頓着ブス」というのは、日光と戦わないことに定評がある。多くの女が紫外線にあらゆる武器を持って立ち向かう中、生粋の非暴力服従主義、殴られるがままのガンジーなのだ。

大体「無頓着ブス」は、化粧もしない。化粧というものは、基本的に肌に悪いものとされている。化粧を落とさず寝るのは、顔にウンコを塗って寝るに等しいとさえ言われている。 逆に言えば、顔にウンコを塗れば化粧をしたと言える気がしてきたが、その逆説は今度検証するとして、とにかく、しない方が肌にはいいとされている。

では、年中すっぴんの無頓着ブスの肌は綺麗なのではないかというと、そんなことはない。むしろ、毎日ウンコを塗って寝たかのような顔をしている。何故かというと、化粧もしないが、スキンケアもしないからだ。

そして、宗教上の理由かというぐらい、無頓着ブスは日焼け止めを塗らない。
日焼け止めを塗らない理由は、もちろん「面倒くさい」だが、そもそもブスは紫外線というものの存在を信じていない可能性がある。前に「ブスは傘をささない」と書いたが、目に見える雨でさえ避けないブスが、目に見えない紫外線を避けるはずがないのだ。

ブスはこんにゃくを10キロ食うより、バター1キロ食う方がヘルシーと思っている

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rrllll2 |ブス図鑑|カレー沢薫|cakes(ケイクス) 怖いほど自分に当てはまっている。どうしよ。 https://t.co/PEhmL5SDAG 3年以上前 replyretweetfavorite

minamiiiin アンモラルカスタマイズ買っちゃった 3年以上前 replyretweetfavorite

Gomagoma9 色白ぐらいでは七難も隠せないですけどね 3年以上前 replyretweetfavorite

yoshix445 私のことだ。夏休みの子供のように日焼けして、脇もスネ毛も危険地帯。 ブス過ぎて戦う気力なし。 体重計もあるが強くて乗らぬ。 3年以上前 replyretweetfavorite