横浜1963

これから世界は、どうなっていくのだ

ソニーがキャンベルを追うのと同じ頃、ショーンはエイキンスを問い詰めていた。
一体誰が悪いのか。事件の真相に迫る、怒涛のラストスパート。

「私は弱い人間だ。だから神にすがろうとした」
 エイキンスは手を前で組み、神に祈るように語り始めた。
 仁川の傷も癒え、キャンベルは避難民収容の職務に就いた。エイキンスは暇を見つけてはキャンベルの許に通い、励まし続けた。
 そんなある日、キャンベルが親身になって世話をしている韓国人女性の存在を知った。女性は北朝鮮軍の進出によって両親や兄弟と生き別れてしまい、米軍の許に逃げ込んできたという。
 それからしばらくして、仁川ベース近くの川で女性の遺骸が上がったという情報が入った。もしやと思い、運ばれてきた遺骸を確認すると、キャンベルが懇意にしていた女性である。その遺骸は、ネイビーナイフで深く腹を抉られていた。
 一通りの捜査は行われたが、犯人は不明とされた。避難民キャンプ内には韓国人も多くいる上、混乱の最中なので、捜査も通り一遍なのは仕方がない。
 しかし女性の死を聞いたキャンベルは、さほどの悲しみも見せず淡々としていた。それがエイキンスには引っ掛かった。それから約三カ月後、同様の事件が起こった。
「つまり、キャンベルがやったということですか」
「彼の血は征服者の血だ。彼にとって軍隊というところは、極めて居心地のよい場所だった。何と言っても、人を殺して褒められる仕事だからな。しかし前線に出られなくなれば、彼の血は収まらない。つまり戦争で人を殺せなくなったうつぷんを、女性を殺すことで晴らしていたんだ」
「Oh my God」
 その心理は、ショーンにとって理解し難いことである。
 エイキンスによると、キャンベルが犯人であるという物的証拠はなかったが、すべての状況が、それを指し示していたという。
「キャンベルが犯人だと知って、あなたはどうしたのですか」
「私は、それが真実だと思いたくなかった。しかし、この惨劇を止めないことには、被害者が増えるだけだ。だが私には、命の恩人をきゆうだんする勇気がなかった。しかしたび──」
 エイキンスの顔が歪む。
「三度、同じことが行われた時、私はキャンベルに問い質した」
「その時、彼は何と」
「奴は私に言った。『それがどうした』とね」
「何てことだ」
「私は茫然とした。そして自首を勧めた。しかし奴は『われわれは、韓国のために戦い、多くの将兵が命を落とした。韓国女の一人や二人、殺して何が悪い』と言ったのだ」
「何ということを」
 白人の一部には、アングロサクソン系以外の人々を激しく差別する感情が脈々と流れている。それは表立っているわけではなく、また無意識裡のこともあるので、始末に負えない。
 ショーンにも嫌な思い出がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

剛腕作家・伊東潤の新境地、本格社会派ミステリー『横浜1963』

横浜1963

伊東潤
コルク
2016-06-08

コルク

この連載について

初回を読む
横浜1963

伊東潤

剛腕作家・伊東潤の新境地、本格社会派ミステリー『横浜1963』がcakesにて連載スタート! 戦後とは何だったのか。その答えは1963年の日本と米国が混在する街、横浜にあった。横浜で起こった殺人事件を通して、日米関係の暗部に焦点を当...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント