ますます暴走するトランプと愛国心に訴えるヒラリー

トランプの暴走はまだまだ止まらないどころか勢いを増し、身内であるはずの共和党員を悩ませているそうです。対してヒラリーは、反トランプ勢力を味方につけつつあるようで――
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんによる、アメリカ大統領選のやじうまレポートをぜひお楽しみください。

トランプの暴走は、本選に入ってからも止まらない。それどころか、悪化している。

スピーチでロシアにヒラリーや民主党のメールのハッキングをするよう示唆し、ロシアからのサイバー攻撃に対しても「どこからのものかはわかっていない」とぼかし、北大西洋条約機構(NATO)の加盟国がロシアに侵略されても米軍を出動して守るかどうかは「ツケをちゃんと払わせてからのこと」といった回答をしている(同時テロの後のアフガニスタン攻撃でNATOの恩恵を受けたのはアメリカだが、トランプは認識していないようだ)。
「オバマはイスラム国(ISIS)の創始者で、ヒラリーは共同創始者」といったラリーでの暴言だけでなく、「誰かがイスラム国(ISIS)で我々を攻撃したら、核兵器でやり返したらいいのに(なぜやらないのだ)?」とテレビで答え、外交専門家には「なぜ核兵器を使ったらいけないのか?」と何度も尋ねたりしているという。

そんなトランプは、民主党だけでなく、共和党員にとっても、冗談ではすまない危険な存在になってきている。

トランプのために、2016年の大統領選挙は前代未聞の様相になってきている。それを説明しよう。

愛国心を強調した民主党大会

予備選終了後に行われる党大会は、これまで選挙に注意を払っていなかった国民に、指名候補(今年は民主党ヒラリーと共和党トランプ)とその政策を知ってもらう最大のPRの機会である。
通常は、党大会後に指名候補の支持率が数%上昇するコンベンション・バンプ(Convention Bump / Convention Bounce)という現象が起こる。

共和党大会ではトランプ夫人がミシェル・オバマから盗用したスピーチをするなど異常事態の連続だったが、それ自体が話題を集め、党大会直後の世論調査ではトランプの支持率がヒラリーに追いつき、勝敗の予測は五分五分、あるいはトランプ有利に傾いた。

しかし、そのコンベンション・バンプは長続きしなかった。
翌週に開催されたヒラリーを公式に候補として指名する民主党大会には、ポール・サイモン、レイディ・ガガ、ニール・ヤング、キャロル・キング、アリシア・キーズ、ケイティ・ペリーといった大物ミュージシャンが登場して視聴率を高めた。
派手なスターだけでなく、サンディフック小学校乱射事件で生徒を守って死亡した校長の娘、銃殺された黒人の若者の母親、障がい者人権活動家の脳性まひの女性など、ヒラリーが重視する政策を象徴する一般人が登場して感動的なスピーチを次々と行った。

通常は、党大会で「愛国心」を過剰にアピールするのは共和党だ。だが、トランプが指名候補である今年の共和党大会には軍や国防関係のリーダーはまったく現れず、代わりに民主党でヒラリー応援の情熱的なスピーチをした。
それを観ていた政治評論家が、「火星人がやってきて2つの党大会を見比べ、『どちらのほうが過剰に愛国心を持っているか?』と質問されたら『民主党』と答えるだろう」と奇妙なコメントをするほどの意外さだった。

民主党大会の後、コンベンション・バンプでヒラリーの支持率は回復し、「戦死したイスラム系米兵の両親がトランプに突きつけた『アメリカの本質』」に書いたようなトランプの失敗も重なって、8月半ばになってもヒラリーに優位な状況が継続している。

ヒラリーの3つの支持基盤

だが、この世論調査の数字に現れているヒラリーの支持者は一枚岩ではない。おおまかに分けると、次の3つのグループがある。

・大統領という職にはヒラリーが最適任者だと信じている支持者
・現時点ではヒラリーに投票するのが最善策だという結論に達した元サンダース支持者
・トランプを危険人物とみなす共和党員、穏健派の無所属

「ヒラリーには絶対投票しない」という情熱的なサンダース支持者は、ネットで「ヒラリーに金で買われているだけ」と決めつけている。だが、ヒラリー支持者は公の場ではおとなしくしているだけで、個々に会うと、サンダース支持者に負けないほど情熱的だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pictureoffake さすがに面白い分析❤ 10ヶ月前 replyretweetfavorite

lite2shine ヒラリーは犯罪人だを頑なに信じている人には何を言っても通じないんでしょうか?  11ヶ月前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 渡辺由佳里@YukariWatanabe https://t.co/z3sl543qKm ウォールストリート・ジャーナル(WSJ) トランプ氏を猛批判 「大統領選から撤退を」 https://t.co/GH1PUIBTaL 11ヶ月前 replyretweetfavorite

masa_koz テレビだとどういう辺りが駄目なんすかね? "「実際に知ってみると、ヒラリーは魅力的な人だった」と" 11ヶ月前 replyretweetfavorite