頭の切れる男子生徒との「舌戦」

クラスにひとりはいる、論理的で頭の切れる生徒。都内の某私立高校で教師をしている海老原ヤマトさんは去年の7月、そんな生徒と激しい「舌戦」を繰り広げたそうです。いったい、2人の間に何が起こったのでしょうか? 手に汗握るやりとりの一部始終をお届けします。

「なんでダメなんすか? 誰だって、アップしたい写真をアップしてます。新聞記者も火事場に駆けつけてツイートするし。同じことをやっちゃいけないって、おかしい」

昨年7月、そう言い放った男子生徒と僕は、ある事件について話をするため談話室で向かい合っていた。挑戦的な目をした彼は、雄弁だった。目の前の教師がどう出てくるか、お手なみ拝見という感じ。

しょうがねぇなぁ。一つ、お手合わせといきますか。

生徒と教師の「舌戦」開始。

今の高校に勤めはじめた昨年4月、僕は生活指導部に配属された。20代〜30代の新任男性教師は、だいたいどの学校でも生活指導部に送られる。理由は単純、体力があるから。

悪さをしてスゴんでくる生徒を叱り、諭し、悪質な場合は処分を検討する部署。

いやだなぁ……。僕は野球をやってたから見た目はがっしりしてるけど、実際は末っ子ならではの天真らんまん、ハートは優しく、温和(=自称)。そんな僕に、この部署の仕事は重かった。

幸い、勤めはじめの4月から7月まで、大きな事件はなかった。このまま無事に1学期を乗り切れますように……。

そう念じた矢先、事件は起きた。

SNSにアップされた1枚の写真

教室で野球拳(じゃんけんして、負けた方が一枚ずつ服を脱ぐゲーム)をやってる男子グループがいる! 放課後、ある女子生徒からそんな通報が入ったのは1学期の終わりころ。野球拳をしている最中の写真が某SNSにアップされたのを偶然見た彼女は、自由な校風とはいえさすがにマズいと思ったらしい。

こういうとき生活指導部の出動は早い。火事場へ走る江戸の火消しさながら。先輩教師と僕は、現場とおぼしき2年の教室に急行した。

「どアホウどもが 夢のあと」。もぬけの殻だった。

翌日、「犯人」グループが判明。
「放課後の教室で野球拳……そしてパンツいっちょう……これは何ごとだ大バカ者! 恥を知れっっっ!」
生活指導部主任がドスをきかせた大声で雷を落とした。

この年ごろって、どこまでバカをやれるかが命って子も多い。僕は神妙な顔つきをしつつも、高校生たちの反省一色の姿がほんの少しだけ微笑ましかった。

さて残るは、踊るアホウを撮ってその場でSNSに上げたアホウ。

主任に指示され、その生徒の授業を受け持っていない第三者として、I先生と僕が聴き取りを担当することになった。

情にうったえるI先生

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
教室では言えない、高校教師の胸の内

海老原ヤマト

一般企業に就職した後、私立高校で先生をすることになった30代前半の新米教師が、学校内で起こるさまざまな出来事を綴っていきます。教室や職員室での悲喜こもごも、そして生徒の言葉から見えてくる、リアルな教育現場とは?

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chinu48cm なんで自分が怒らなきゃいけないか、まるで理解せずに指導してるんだろうな。生徒に反省促す前に、もうちょっと自分の正義について考えた方がいい。 3年以上前 replyretweetfavorite