シン・長谷川博己

公開中の映画『シン・ゴジラ』。今週、この話題作を劇場で見てきた武田砂鉄さん。絶賛の声ばかりの中一体どのようにこの映画を評するのか?という連載ではないので、今回のテーマはその主演俳優・長谷川博己です。どうにも彼を言い表す言葉を見つけられない武田さん、その答えは思いもよらない所から出てきました。

「彼でなければならない必然性」はどこにあるのか

インタビュー・対談記事のイントロで、これまで様々な役をこなしてきた俳優の印象を手短に形容するのは簡単ではない。だからこそ、『シン・ゴジラ』の宣伝で登場した長谷川博己と石原さとみの対談記事のイントロを、「映画やドラマ、舞台、CMに大活躍の長谷川博己さん、可愛らしさと色っぽさを併せ持ち、幅広い世代に大人気の石原さとみさん」(『東京カレンダーMOOKS 夏の情緒レストラン』)としてしまう気持ちはよく分かる。「可愛らしさと色っぽさを併せ持つ」の守備範囲は抜群に広い。主役を張る若手女優ならば、概ねこの掛け合わせを嫌がらないだろう。実務的な話をすれば、事務所からの赤字は入らない。

先述の長谷川の記載には、彼の特性を絞り込む形容が一切無い。何たって「映画やドラマ、舞台、CMに大活躍の長谷川」である。『シン・ゴジラ』で内閣官房副長官・矢口蘭堂役を演じた長谷川は、その役どころについて「熱くならない。でも、調整力はある」(『サンデー毎日』8月7日号)と分析している。映画を観終えた後では、その「調整力」が極めて選び抜かれた表現だと納得する。絶賛が連なる『シン・ゴジラ』論をいくつか読んだが、不思議と、メインキャストの長谷川について「彼でなければならない必然性」を語る人がいない。疑義を呈する人も見当たらない。異例とも言える328人ものキャストのトップに立つとなれば、それが誰であろうと「あいつで良かったのか」との議論が巻き起こるはずなのだが、そういう声が聞こえてこない。昨年、『釣りバカ日誌』のハマちゃんが西田敏行から濱田岳に切り替わると聞いた時の、「あぁもう彼しかいないよ!」というような積極的な声もさほど聞こえてこない。

若干の「We Are The World」感
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_ynyn ねえ〜すごいよ〜〜〜〜〜この面白さを語りたい、、、 1年以上前 replyretweetfavorite

sarirahira https://t.co/00svd53FST 3年弱前 replyretweetfavorite

massarassa 「小栗旬じゃなくて良かった~」 3年弱前 replyretweetfavorite

yu5963 ああああ~はやくみたいはやくみたいはやくみたいぃぃ!!! →  3年弱前 replyretweetfavorite