棋士とメシ

木綿VS絹ごし、世紀の大論争

あなたは木綿派? それとも絹ごし派? 今から七十年近く前、将棋史に名を刻む二人の名棋士が、一歩も引かずに争った、豆腐をめぐる一大論争とは?


(絹ごし豆腐の冷奴)

 8月11日は、「山の日」である。
 そしてまた、「きのこの山の日」だともいう。

<記念すべき国民の祝日「山の日」にあやかり、きのこの山は、「きのこの山の日」という記念日を山の日と同日に制定させていただきました。> https://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/kinotake...

 明治製菓の公式ページには、そう高らかに発表されている。これは、大丈夫だろうか……。そうしてTwitterをのぞいてみると、やはりというべきか、タイムライン上が、ざわざわとしている。

「じゃあ、『たけのこの里の日』は、いつなんだよ?」

 そんな疑問が生じるのは、「たけのこの里」を愛する、たけのこ派にとっては必然のことなのだろう。

「あなたは『きのこの山』派ですか? それとも『たけのこの里』派ですか?」

 筆者も何度か、日常生活の中で、そう問われたことがある。そうして、答えに窮する。  2012年1月。当時将棋連盟会長だった米長邦雄永世棋聖は第1回電王戦に出場し、コンピュータ将棋ソフト「ボンクラーズ」に敗れた。その後の記者会見で米長は、

「電王戦は『でんおうせん』ですか、それとも『でんのうせん』ですか」

 と尋ねられている。報道する側としては、呼称は重大事だ。統一してくれないと、伝える側は困る。そして以下の回答は、いかにも米長会長らしい。

「将棋連盟というところは『どっちでもええやないか』という団体でございます」

 まあ、そうでしょうね。その場では「でんのうせん」にしようかということになったが、第2回からは「でんおうせん」で統一された。

 一方で、きのこVSたけのこ戦争は……。どうなんでしょう。もちろん両派、「どっちも美味しいということで、どっちでもええやないか」という風に、簡単に妥協できないという点については、よくわかります。

 将棋史上に残る意地の張り合いを挙げるとすれば、まずは木村義雄と升田幸三の故事を引くことになる。

 終戦直後、読売新聞は「全日本選手権」という棋戦を主催していた。この棋戦は後に、九段戦、十段戦、そして現在の竜王戦へと発展していく。

 1949年、木村義雄名人と升田幸三八段は、この全日本選手権で頂点を争うことになった。そこでまず問題になったのが、対局場である。木村は東京、升田は大阪に住んでいる。こういう場合、対局場は「どっちでもええやないか」ということにはならない。

 現在であれば特別な事情がない限り、格下の側が移動して、格上の側のホームで対局するものと、一律に決められている。

 しかし、当時は戦後の動乱期であった。他の多くの分野と同様、将棋界も再出発をはかる途上である。新体制やルールも、固まる過程にあった。そうした時代の雰囲気もあったのだろう。その上で、東西の対抗意識を鮮明にし、打倒木村に執念を燃やす、升田の意地の張り方は、尋常ではなかった。

 木村義雄といえば、現在では「現代将棋の父」と称される。将棋界が実力制名人戦に移行した後、1937年、その初代名人となって以来、「常勝将軍」として、将棋界に君臨し続けてきた。戦後の47年、後進の塚田正夫に名人位を奪われたものの、49年5月、その塚田から名人位を奪い返した際には、「奇跡のカムバック」と称賛されている。

 一方の升田は、戦争と指し盛りの時期が重なり、長く軍隊で過ごすことを余儀なくされ、南方のポナペ島(ポンペイ島)では死線をさまよった。戦後は実力日本一という声も上がりながら、極寒の高野山での名人挑戦者決定戦で、弟弟子の大山康晴を相手に必勝の将棋を大逆転で落とすなど、数々の悲運に見舞われ続けてきた。まだこの時点では、名実ともに棋界の頂点に立つ、という段階には、至っていない。

 1949年6月、全日本選手権で対戦する時点で、木村名人は、44歳。一方の升田八段は、31歳。どちらが実際に強いのか、という点はともかくとして、キャリアと年齢からすれば、木村の方が格上なのは明らかである。しかし格下の升田の側が、大阪に来いと言って譲らない。運営側は途方に暮れただろう。

 そして出た案は、対局場を、東京でも大阪でもない、金沢にすることだった。升田の自伝では「間を取って」ということになっている。木村の側も、その案で折れた。そして対局は、金沢の「つば甚」という、老舗の料亭でおこなわれることとなった。

 1949年6月15日。木村、升田、その他関係者は、対局の前日に顔を揃えた。夜には、会食の席が設けられる。その際に出てきたのが、豆腐の料理だった。

 以下は将棋界四百年のハイライトの一つとも言える、名場面である。その模様は、升田幸三の自伝、『名人に香車を引いた男』から引用する。

<木村さんがトウフを突っつきながら、

「トウフってのは、うまいもんだね。それももめんごしがいい。絹ごしってのは、歯ごたえがなくていけないよ」

 という。名人のお言葉だから、関係者一同、ヘイさようでございと相槌を打つ。その図がいかにもおかしかったんで、私はついこういってからかった。

「もめんごしなんて、ニガリが強くて食えたもんじゃない。トウフは絹ごしが上等と決まっとるんだ。名人は貧乏人の息子だから、絹ごしの味がわからんのと違うか」

 自分が五反百姓のせがれなのはそっちのけで、いいたいことをいう。>

 関係者一同、この場面には絶句しただろう。
 『升田幸三名局集』(日本将棋連盟発行、マイナビ出版)によれば、両者はこう言い争ったともいう。

「君はまだ若いから、ものの味が分からんのだろう」

「口に入れると、とろけるような舌ざわりのよさを名人こそ分からんのと違うか」

「そんなこたあ君い、田舎もんの言うことだよ」

 くどいようだが、木村、升田はともに、将棋史に名を刻む、大棋士である。その二人が、子供のように言い争って、譲らない。

 木村義雄名人が言うように、木綿ごしがいいのか。それとも升田八段が主張する通り、絹ごしがいいのか。

 その場に居合わせた関係者たちはおそらく

「どっちでもええやないか……」

 と思ったことだろう。

 そうして、将棋史中、白眉の名シーンが訪れる。以下もまた、升田幸三『名人に香車を引いた男』から引用する。

<そのうちバカバカしくなって、

「名人がなんだ。名人なんてゴミみたいなもんだ」

 といってやった。これには木村さんもムッとして、

「名人がゴミなら君はなんだ」

 と切り返してきた。

「私ですか、さあ、ゴミにたかるハエみたいなもんですな」

 とっさにこう答え、ハッハッハと笑うと、一座の人たちも、つられて笑い出す。かくて口ゲンカは、私が一本取った形になったんだが、そう簡単に降参する木村さんじゃない。

「升田君、君も偉そうなことばかりいってないで、一度くらい名人戦の挑戦者になったらどうだね」

 この一連のやり取りは、「ゴミハエ問答」と呼ばれる。

 大勢の人の前で、名人をゴミ呼ばわりして面罵する棋士は、升田が空前である。そしておそらくは、絶後だろう。もし現代にそんな発言をする若手棋士がいたとしたら、大炎上どころではすまない。

 升田のあまりの言い草に、真っ向から立ち向かう木村もまた、骨の髄までの勝負師である。そうして、両者の機知に富んだ応酬は、見事としか言いようがない。意地の張り合いも、ここまで続けば感動的だ。かつて将棋とは、盤上だけでなく、盤外においても、全人格をあげての戦いだったことが、よくわかる。

 木綿-絹ごし論争と、ゴミハエ問答から一夜明けた翌日。木村-升田の対局は、両者が総力を尽くした、死闘となった。

 相矢倉の序盤から、先番の木村が先攻して、まずはポイントをあげる。しかし升田は驚異的な粘りを見せて、土俵を割らない。泥仕合が延々と続き、ついに173手目、木村の側に大ポカが出て、形勢不明に。そして、210手。夜を徹し、明け方まで続いた死闘は最後、若い升田が、大逆転勝ちを収めることになった。

 木村と升田の戦いは、これだけ続いてもまだ終わらない。徹夜明けで疲労困憊のはずの年長者の木村は、兼六園の見物にもついていくと言ってきかない。

<「私に弱みを見せまいと、意地を張っとるわけなんだ。天下の名園を、なかば居眠りしながら散歩する木村さんの姿は、こっけいに映る半面、

「ああ、この意地っ張りが名人を支えているんだなあ」

 と、改めて感心もさせられたもんです」> (升田幸三『名人に香車を引いた男』)

 金沢では現在でも、タイトル戦の対局など、多くの将棋イベントがおこなわれている。観る将棋ファンの方は、もし金沢を訪れる機会があれば、兼六園や、あるいは現在も営業を続けている「つば甚」において、木村、升田の往時を偲ぶことができるだろう。

 ところで、木村-升田戦の前夜に出された、豆腐を使った料理とは、何だったのか。筆者の知る限りでは、文献で見た記憶はない(あれば教えてください)。

 筆者は気になって、「つば甚」に電話してみた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
棋士とメシ

松本博文

あの大一番を支えた食は何だったのか―― 現在における将棋対局のネット中継の基礎をつくり、食事の中継の提案も行った松本博文氏がつづる、勝負師メシのエピソード。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hoshimura24 木綿か絹か これを思い出した https://t.co/gLocVGBS7u 5ヶ月前 replyretweetfavorite

ofmc7s 木村義雄十四世名人が出てきます。 https://t.co/HhoOGFb3Pt 1年以上前 replyretweetfavorite

yuzu_yuze #絹豆腐VS木綿豆腐 ってタグがココ数日みうけられますが、将棋クラスタではこんなカンジ^_^ 最近は、豆腐にカレーかけたり、二郎系の麺が豆腐だったり。 2年弱前 replyretweetfavorite

bus_gasbusgas 今回も面白い。ほんとに全人格を賭けた「世紀の大論争」だったw あ、同歩。 3年弱前 replyretweetfavorite