焦った代償は高くつく!すぐに結果が欲しい病【前編】

今回は、ずんずん先生がまだ社会人になったばかりのころのお話です。退屈な製品検査しかしない新人研修に耐えかねて「こんな仕事をするために大学を出たんじゃない!」と荒ぶるずんずんさん。そんな彼女の前に、謎のおじいさんが現れて……? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で人気のずんずんさんの連載です。

これはちょっと昔のお話です。

ここは、埼玉荒川沿い。ずらりと工場が並ぶその地区に、医療器具メーカー・ドブ板メディカル株式会社の工場がありました。

ずんずんさん「はぁ~」

工場には、検査服を着てため息をつくひとりのOLの姿がありました。ドブ板メディカルの新入社員、ずんずんさんです。

ずんずんさんは今年の4月にドブ板メディカルに入社し、新人研修の一環として、この工場で製品の検査をする仕事をしていました。カッチカッチとよくわからない器具のなんか曲がるところの耐久性を調べる機械を眺めながら、ずんずんさんは死んだ魚の目をしていました。

このカッチカッチ動く機械を眺める仕事を、ずんずんさんはもう3か月ほどしています。昼休みになれば、中卒ヤンキーワーカーに囲まれ、ひとりぽつんとお昼のお弁当を食べていました。

ずんずんさんはうすうす気づいていました。

あらやだ? 私の初めての就職、

大失敗!?

定時に仕事を終え、検査服を脱いで、ずんずんさんは帰るべくバス停に向かいました。工場から離れた川沿いのバス停には人気がなく、おじいさんひとりしか並んでいません。

バス停から見える川の水面は、夕日を受けきらきらと輝いてとてもきれいなのに、その光景を見てずんずんさんは、なぜだかポロポロと涙を流しました。バス停に一緒に並んでいたおじいさんも度肝を抜かれました。

おじいさん「ど、どうしたの? お嬢ちゃん? 大丈夫??」

ずんずんさん「もうイヤじゃ~!!! わしはこんな仕事やめてやるんじゃ~!!!」

気づくとおいおいとずんずんさんは泣いていたのです……。




ずんずんさん「すいません……お恥ずかしいところを……。最近時々こうなってしまって、心の病気かなって思ってます」

おじいさん「ははは、ワシもそう思ったよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yomco ずんずん先生の連載ほんまに好き 。 4年弱前 replyretweetfavorite

masaki_kashiwa じいさん、何者なんだ…??? 4年弱前 replyretweetfavorite

amanatsu812 まだ経済成長していたバブル期までなら将来的に要職に就ける可能性が高かったけど、今ではその「成長」が期待できんわけやしねぇ。 4年弱前 replyretweetfavorite

restart20141201 ゛「自分が好きじゃない仕事をしたくないだけなんです。」゛ 4年弱前 replyretweetfavorite