欧米文化を知るための適切なガイド『ローマ人の物語』

今の時代だからこそ読むべき、色褪せない名著を紹介する連載『新しい「古典」を読む』。今回は塩野七生『ローマ人の物語』を読み解きます。単行本15巻、文庫版43巻、15年の歳月をかけて書かれた大著で、累計発行部数1000万部を超える作品です。"作家"である彼女が描いたローマ史から、我々はなにを読み取ることができるのか? finalventさんが迫ります。

『ローマ人の物語』で欧米の文化を学ぶ

 塩野七生は、月刊『文藝春秋』で巻頭コラムを長年執筆していることからもわかるように、日本のインテリの多くに受けがよい。他方、一部のインテリには受けが悪いようだ。後者についてはたとえば、2016年7月時点でのウィキペディアの紹介からも感じ取れる。彼女について「日本の歴史作家 (プロの学術研究者ではなく「小説家」)である」とある。この記載をした人にしてみれば、塩野七生が「プロの学術研究者」と見られやすいことについて、善意からだろうか、啓蒙的な注意を促しているつもりなのだ。そして、その主要著作である『ローマ人の物語』も歴史ではなく、想像力によって描かれた「小説」、つまりフィクション(虚構)に過ぎないのだとも主張したいのだろう。

 そんな指摘はどうでもよいと私は思う。なぜか。私たち日本人が欧米の文化と付き合って存続するために知るべき知識の多くが、彼女の『ローマ人の物語』から容易に学べるからだ。便利な教材である。それで十分だからだ。それだけで日本人にとって、十分価値のある「新しい古典」になっている。複雑な物事を理解するときは、簡便な薄い書籍を読むよりも、分厚い書籍で、さらに「物語」を読むほうが人間の理解を促すものだ。人の心がそのように出来ていることは、他の古典からでもわかる。


ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

 それにもし、塩野七生『ローマ人の物語』以上にローマ史が知りたい人がいるなら、必然的に歴史研究書を紐解くだろう。塩野七生には彼女の価値があり、歴史学者には別の価値がある。繰り返そう。彼女の著作は私たち日本人が欧米文化に触れていく際の、適切なガイド役を十分果たしている。その彼女の膨大な作品群は、むしろわかりやすさの点で、欧米文化理解への近道である。

欧米の文化は政治危機をローマ史で修辞する
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新しい「古典」を読む

finalvent

「極東ブログ」で知られるブロガーのfinalventさん。時事問題や、料理のレシピなどジャンルを問わない様々な記事を書かれているが、その中でもとりわけ人気が高いのが書評記事。本連載は、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード