欧風カレー」のコクと旨味の素材たち

日本のカレー界で幅広く活躍し、「東京カリ〜番長」の調理主任としても知られる水野仁輔さん。これまで作ってきたカレー本は40冊近く、カレーのために出版社も立ち上げ、たくさんの「おいしいカレー」を究めてきました。
そんな水野さんが、おうちで簡単に作れる、最高においしいカレーのレシピを教えてくれることになりました。「欧風カレー」について、引き続き牛肉、カレールウなど材料の準備です。

前回は欧風カレーのレシピとともに、買い物のコツと、玉ねぎ、にんにく、しょうがの選び方を紹介しました。ここからもまだまだ主役級がたくさん登場しますよ!

 まずは塩から。

 塩は、すごく大事。すごく、すごく、大事なんです。が、まあ、基本的には自宅にある塩で大丈夫です。塩の種類も大事ですが、もっと大事なのは塩加減です。作るときに気を付ければOK。海塩や岩塩など、とれた場所やブランドによる違いは、カレーの味に影響します。好みの味の塩を使ってください。

 粗塩があったり、パウダー状のものがあったりします。これは、分量に影響します。粒の細かい塩と粗い塩は小さじ1をすり切りではかった時に塩分濃度が違う。これは作り方のところで説明します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ファイナルカレー

水野仁輔

日本のカレー界で幅広く活躍する、出張料理ユニット「東京カリ〜番長」の調理主任の水野仁輔さん。これまで作ってきたカレー本は100冊あまり、カレーのために出版社も立ち上げ、たくさんの「おいしいカレー」を究めてきました。その活躍ぶりに、糸井...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 水野仁輔 https://t.co/tj3Sa3GSx5 おいしいカレールウというのは、幼いころに何の銘柄を食べてきたのかによって決まるもの。 値段が高いルウがおいしい ハウス「ザ・カリー」、エスビー「ディナーカレー」、グリコ「ZEPPIN」 2年以上前 replyretweetfavorite

funaot カレールウを使う欧風カレーで、なぜそんなに凝るのか理解できない。醤油とかハチミツとかいらなくね? 味が飽和するじゃん。こだわりの質が日本人的・男性的・中2的だよ。 2年以上前 replyretweetfavorite

Singulith >「肉を選ぶときは、パックを傾けてみましょう。牛肉の赤い血がにじみ出て液状になってたまっているようなものは、できるだけ避けてください。肉の味が出てしまっているか、冷凍の肉を解凍しているか」  https://t.co/YpHJmZ2NoI 2年以上前 replyretweetfavorite

Tmicamera_NikoN 後で読む用。 2年以上前 replyretweetfavorite