第10回】弁護士、会計士、金融マン……高給取りたちの栄枯盛衰

給料が高く憧れの職業だった弁護士や公認会計士。だが制度改革に伴って窮地に陥っている。数千万円の報酬を得ていた外資系金融マンも大幅な年収ダウン。高給取りたちの今を追った。

 月に1度、東京税理士会で開かれている式典で、最近、ある異変が起きている。

 この式典、税理士会に登録した証明として証票が交付されるもの。これにより晴れて税理士として業務に当たることができるのだが、出席者の大半が税理士ではないのだ。

 では、一体何者なのか。その正体は公認会計士なのだ。公認会計士は、税理士登録さえすれば、税理士試験を受けたり、税務署に一定期間勤務したりしなくても、自動的に税理士として税務を行うことができる。つまり公認会計士が税理士の職域を“侵食”しているというわけだ。

 公認会計士といえば、弁護士と並ぶほど難関な国家試験をクリアしてきた人たち。監査法人に属して企業の監査業務を担う他、最近では経営戦略の提案などコンサルティング業務も行う“花形士業”でもあった。

 だが昨今、上場企業の再編が進んだことに加え、リーマンショック以降は上場する企業も乏しいため、顧客である企業数は激減。仕事自体が大幅に減っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
給料と仕事 将来比較【Part 2】給料が増える仕事 減る仕事

週刊ダイヤモンド

世の中には多種多様の職業がある。職業の数に合わせて、給料も千差万別だ。では、いったいいくらぐらい稼いでいるのだろうか。話題の仕事や人気の職業を中心に、最新の、そして今後の給料事情を探った。 ※この連載は、2012年7月14日号に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード