地政学超入門

第5回】 リアルな戦争の補助機能 無法状態のサイバー攻撃

昨年12月23日、ウクライナ西部の都市イヴァーノ=フランキーウシク周辺で数時間に及ぶ停電が発生した。事前に標的型メールによって電力監視制御システムの端末にマルウエア(ウイルス)が仕掛けられていたのが原因だ。ウクライナ保安庁は、ロシアからのサイバー攻撃であると断定、発表した(ロシア側は否定)。

 この攻撃が周到だったのは、停電と同時に電力会社の電話システムにもDoS攻撃(一斉に大量の接続要求を行ってサービスを妨害する行為)を行っていたことだ。通信網をまひさせて復旧を遅らせ、混乱を増幅させるといった複合的な攻撃は、物理的な軍事作戦においても常とう手段だ。サイバー攻撃はいまや、リアルな戦争の補助機能として、軍備の一つと目されている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
地政学超入門

週刊ダイヤモンド

複雑怪奇な国際情勢を理解するために、地政学的な見方の重要性が増している。地政学では、ある地域の政治、経済、軍事、社会的な動向には、その地理的な位置や形が大きな影響を与えていると考える。また、その地域や民族が持つ行動原理を知るには、現在...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo だから。居ながらにして一見平和な状況なのに、サイバー攻撃で日常生活の全てが霧散する。こっちの方が徴兵されるより心配・・・。 4年弱前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo 兵士を育てるのにどれだけ時間がかかることやら。戦地に素人を行かせるなんて時間とお金のムダ。それよりサイバー攻撃の方がかなり怖い。 4年弱前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo これが今の戦争。徴兵とか戦地とか最前線とかはもう古い。素人の民衆が立ち入れないのが今の戦争かと思う。徴兵制なんて意味ないからやらないよ。 4年弱前 replyretweetfavorite