横浜1963

視界不良

あらゆる状況証拠がエイキンスを犯人と指していた。
しかし、エイキンスが自分の口から真実を語ることはなかった。
ショーンは、エイキンスを尋問したいとキャンベルに依頼するが、
逆に言い渡されたのは、サイゴンの米軍本部への出頭であった。

 この日の仕事を終えたショーンが、家に帰って転勤のことを告げると、アネットは、すでに分かっていたかのようにうなずいた。
「私はいいけど、ジェイミーが可哀想だわ。チームの中心になって一生懸命、練習しているのよ」
 皿を洗いながら、物憂げにアネットが言う。
「フォールズ・チャーチ基地にも野球チームはある。心配は要らない」
「そういう問題ではないわ」
「待ってくれ。この仕事に転勤は付きものだと分かっているはずだ」
 アネットを背後から抱きしめようとしたが、するりと体を外された。
「あなたは何をやったの」
「正しいことをしただけだ」
「それは、あなたにとって正しいことであって、白人たちにとって正しいことではなかったというわけね」
「そういうことになる」
「それで、あなたの気はすんだかもしれないけど、私たちはどうなるの」
 アネットの言葉が、ショーンの胸を抉る。
 ──そっちは本土じゃないか。俺は単身でサイゴンににんするんだぞ。
 そう言いたいところをこらえ、ショーンは言った。
「息子に恥ずかしくない生き方をするのが、父親の務めだ」
「それじゃ、お父さんの教えは何だったの」
 ──米国で生きたいなら、白人に逆らってはいけない。
 父庄吉の言葉がよみがえる。
「あなたは、お父さんの教えを踏みにじったんだわ!」
「Shut your mouth!」
 冷蔵庫からクアーズを取り出すと、ショーンはテラスに出た。
 ──アネットの言う通りじゃないか。
 風が寒気を帯びてきている。
 ──もうすぐ十一月だからな。
 ビールを飲む気が失せたショーンは、それをテーブルに置くと、デッキチェアに座った。
 ──そう言えば、佐世保の笹部熊吉と飲む機会も、これで永遠になくなったな。
 熊吉がどこまで本気で、「次に会った時は飲もう」と言ったのかは分からない。だがほかの日本人から、そう言われたことはないので、日本人が別れ際に言う決まり文句というわけでもなさそうだ。
 ──だとすると、あのおっさん、本気で俺と酒を飲みたかったのか。
 おそらく熊吉は自分の過去の栄光を語り、「かつては敵だったが、今は仲間だ」などと言って、ショーンの肩を抱いて泣きたかったのだろう。そしてショーンに「熊吉さんは、よくやった」とでも言ってもらいたかったのだ。
 そうすれば熊吉は、あの戦争で片腕を失ったことにも納得できたかもしれない。
 気が変わったショーンはビールの栓を抜いた。待っていたとばかりに白い泡が噴き出す。それを佐世保の熊吉に向け、「Cheers!」と言って掲げた後、ぐいと飲んだ。
 いつもより苦い味が口の中に広がる。
 ──この寂れた風景とも、おさらばか。
 デッキの前には、嫌というほど見飽きた風景が広がっていた。
 タワーの白壁と、オレンジ色の常夜灯に照らされた芝生まで、今では愛おしく見える。そこに家族の思い出が詰まっているからだろう。
 ──こんな場所でも、家族と一緒にいられるだけ幸せだった。
 最短でもこれから二年ほど、ショーンは家族と離れ離れになり、高温多湿のベトナムで過ごすことになる。おそらく米軍が勝利しても、そこに米軍が駐屯している限り、ショーンはサイゴンにとどめ置かれるはずだ。
 ──だとすると、三年から四年になるかもしれない。
 その間、SPと書かれた白いヘルメット、白い拳銃ベルト、ぴかぴかのブーツに身を固め、ウィリスSPジープで、ベトナム人の間を縫うように走り回る日々が続くのだ。
 だが、そうした日々が終わった時、家族がショーンを待っていてくれるかどうかは分からない。
 ──Do the right thing.
 祖父の彦松は、少年のショーンに、よくそう言っていた。
 ──そして爺さんは、その通りにして殺された。
 それを目の当たりにした父の庄吉は、祖父の言葉の後ろに「For the white people」と付け加えた。
 今となっては、どちらが正しいとは言えない。ただ結果として祖父は殺され、父は天寿を全うした。そして皮肉にも、祖父の教えを守ったショーンは、家族と離れ離れにされて前線に送られようとしている。
 正しいことを行った代償は、あまりに大きかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

剛腕作家・伊東潤の新境地、本格社会派ミステリー『横浜1963』

横浜1963

伊東潤
コルク
2016-06-08

コルク

この連載について

初回を読む
横浜1963

伊東潤

剛腕作家・伊東潤の新境地、本格社会派ミステリー『横浜1963』がcakesにて連載スタート! 戦後とは何だったのか。その答えは1963年の日本と米国が混在する街、横浜にあった。横浜で起こった殺人事件を通して、日米関係の暗部に焦点を当...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません