​女性は押すべきか、押されるべきか

「女性から好きと伝えるのどう思います?」、bar bossa店主・林伸次さんが、女性のお客様からよくされる質問です。そこには、一般的にアプローチは男性側からするもの、という考えがあると林さんは言います。では実際、女性は自分からアプローチすべきなのか、それともされるのを待つのか、はたまた第三の道があるのか。林さんのお話を聞いてみましょう。

女性は自分を好む男性が好き?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

以前、僕が妻に「あの男性、カッコいいよね」って言ったところ、妻がこう答えました。

「うーん、私は違うかな。あのタイプの男は私のことを好きにならないから」

ちょっと、不思議な視点だと思いませんか? 僕はその男性がカッコいいかどうかを聞いているのに、妻にとっては「あの男は自分のことを好きにならないから、私には関係ない」と言ってるんです。

妻にとって男性は、自分のことを好きになる男性か、そうではない男性かの2種類になるようなんです。そして、自分のことを好きになる男性たちの中から相手を選ぼうと思っているようなんです。

また先日、ある女性が旅行先で、島から島への渡し船に乗ったそうなんですね。で、「私、いつかあの渡し船の船頭の仕事がしたい」って言うんです。その彼女、年収1500万円くらいのすごくやりがいのある仕事をしていまして、ちょっと言ってることが不思議ですよね。で、「どうしてですか?」って聞いてみたら、「その渡し船を利用している人がお年寄りばっかりだったから、私、あそこではアイドルになれるって思って」って答えたんです。

こういう年収1500万円のすごくやりがいがある仕事より、みんなにちやほやされる職場の方がいいって考える人もいるんです。

女性から聞いた恋愛に関する意見をまとめてみると、「自分を好む人の中から一番良さそうな男性を選ぶ」という発想を感じることがしばしばあります。いわゆる「かぐや姫スタイル」というのでしょうか。男性にもそういう人はいるかもしれないのですが、こと僕に関してはそういう発想が一切なく、「自分が好きになった女性を何とかしてこちらに振り向かせよう」と思うんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maya200111131 女性は押すべきか、押されるべきか|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

tamaken0810 女性は押すべきか、押されるべきか|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

mikamika8375 どっちでもいいです。最も余程モテる人を除いて、人間は押されると嬉しくない人はいないと思います。ということで、基本推した方が人生はハッピーではないか?と考えています。 / 、押されるべき... https://t.co/uV6OefUAxS #NewsPicks 約1年前 replyretweetfavorite

mucho_alegre 「押すべき男は2割、理系の研究職か何か」 なるほど。これは押すしかない。 https://t.co/24E9KcGrxa 約1年前 replyretweetfavorite