横浜1963

偽善者め

ショーンとソニーは、事件当日に白いポンティアック・テンペストに乗った男女を見たという青年、岩瀬和夫と出会う。
和夫は、2人が提示した写真にうつる人物で間違い無いという。

 十月二十七日の日曜、ショーンは妻子と共に横須賀基地内にある教会に出かけた。外は雨なので、教会内は古いカーペットのかび臭い空気に包まれている。それを気にするでもなく、いつもより多くの人々が教会内に入っていく。ここのところベトナム戦争が苛烈を極め、米兵にも犠牲者が出始めていたからである。基地で生活する者たちの中にも、彼らのために祈りを捧げようという人々が多くなってきている。
 教会に入ると、最前列にエイキンスの姿が見えた。
 ──今更、神に赦しを求めたところで、赦されるはずがあるまい。
 その敬虔なクリスチャンを装った姿を見ていると、嫌悪感が込み上げてくる。
 ──それでも、やらねばならない。
 あらゆる状況証拠がエイキンスを犯人と指していた。それを思えば、その良心に訴えかける機は熟している。
 午前の礼拝が終わり、妻子を先に帰したショーンは、教会の前でエイキンスが出てくるのを待った。だがいくら待っても、エイキンスは現れない。
 人の波が収まり、静かになってから、ショーンが礼拝堂内に戻ると、エイキンスは一人、最前列のベンチに座って祈りを捧げていた。
 その隣に腰掛けたショーンは、エイキンスと同じように手を組み、こうべを垂れて祈りを捧げた。
 すでにエイキンスも、ショーンの存在に気づいているはずである。ここまでのショーンの動きも、キャンベルを通じて知っているに違いない。
 ようやくエイキンスの祈りが終わったので、ショーンは前方を向いたまま呟いた。
「祈る時は、偽善者たちのようにするな。彼らは人に見せようとして、大通りの辻に立って祈ることを好む」
「マタイによる福音書六章五節ですね。ここには、あなたと私のほかに誰もいませんが、私のことを言っているのですか」
「コマンダー・エイキンス、それが分かっているのは、あなた自身でしょう」
 エイキンスの青く澄んだ瞳が、ショーンに向けられた。
「私は、私のやっていることをすべて把握しています」
「では、真実をすべてお話し下さい。それが、クリスチャンとしての正当な行いではないでしょうか」
 口辺にわずかな笑みを浮かべると、エイキンスは再び祈りの姿勢を取った。
「いくら祈っても、哀れな異教徒の娘たちが、神の御許に召されるはずはありません。あなたは、それを知って祈っているはずだ。すべての真実を告白するまで、あなたが許されることはない。つまり自分のために、祈っているのではありませんか」
「この世に生きるすべての人々のために、私は祈っています」
 ──それが答えなのだな。つまり自首などしないということか。
 いたたまれないほどの怒りが込み上げてくる。
 ──偽善者め。
 ショーンが立ち上がっても、エイキンスは一瞥もくれず一心に祈っている。
 しばしの間、エイキンスを見下ろした後、ショーンは何も言わず、その場を後にした。
 外に出ると、雨は本降りになっていた。
 埠頭ももやに包まれているが、クレーンは鎌首をもたげては下ろし、輸送船にコンテナを積み込んでいる。
 ──雨だろうが、日曜だろうが、戦争に休みはないのだ。
 傘を持ってきていないショーンは、雨に打たれながら歩き出した。非番の日曜なので、どこに行く用事もないが、家に帰る気にもなれない。
 左手の駐車場に停めてある白いポンティアック・テンペストが目に入った。
 エイキンスだけでなく、クルマにも嫌悪感がわく。多くの状況証拠が、クルマにかかわっているからだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

剛腕作家・伊東潤の新境地、本格社会派ミステリー『横浜1963』

横浜1963

伊東潤
コルク
2016-06-08

コルク

この連載について

初回を読む
横浜1963

伊東潤

剛腕作家・伊東潤の新境地、本格社会派ミステリー『横浜1963』がcakesにて連載スタート! 戦後とは何だったのか。その答えは1963年の日本と米国が混在する街、横浜にあった。横浜で起こった殺人事件を通して、日米関係の暗部に焦点を当...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません