野球部の「坊主」をめぐるガチンコバトル

夏の風物詩とも言える甲子園が始まりました。都内の某私立高校で教師をしている海老原ヤマトさんは去年の4月、教師にとっては「地獄」とも言われる野球部の顧問を務めることになりました。最初は深く関わるまいとしていた海老原さんでしたが、一人の野球部員に出会ったことをきっかけに、部内改革をしようと決意。古株の先輩教師と、手に汗にぎる熱闘をくり広げます。

「海老原先生、“地獄”に足を踏み入れましたね。歓迎しますよ」

昨年4月、今の高校に勤めはじめたと同時に野球部の顧問になってしまった。その際、一緒に顧問を務めるO先生にそう言われた。

野球部はハードな部活の代名詞。週末や夏休みは、丸一日の試合や練習でつぶれる。そんなだから顧問のやり手がなく、小学校から高校まで野球をやっていた新任の僕におはちが回ってきたのだった。

僕は「高校時代のグラウンドに“忘れ物”をしてきた」クチじゃない。むしろ、教師になってまで一日中土まみれというのはうんざりだった。だから、部員や監督の“野球熱”に巻き込まれないよう、なるべく深く関わらないでおこうと誓った。

そのはずだったが、つねに一生懸命な部員を見てるとサポートしたくなるのが人情。部員も「先生、ノックお願いします!」と来る。そこで僕も、いつの間にかヤジを大声で飛ばしながらノックを打つようになっていた。あーあ、こんなはずじゃなかったのに……。

O先生の“野球熱”

放課後は部活指導のあとで授業の準備。学期中は帰宅時間が23時前後になるのがザラ。1学期、風邪をこじらせながら練習試合を引率した結果、嗅覚に異常をきたし、ステロイド点鼻薬をさすようになった。そして夏をすぎた頃から、下半身には疲労による湿疹ができ、皮膚科にかよった。

同じ部のもう一人の顧問O先生は、野球経験者じゃないからグラウンドで汗を流すことはない。けれど、ひそかに「博士」とも呼ばれる、“野球愛”の生まれ変わり。そんな彼の方針もあって、週末や長期休みは丸一日の練習や試合が詰めこまれていた。

部活指導において30代までの「若手」「独身」はつらい。「中年」「既婚」で「子ども」がいる教師よりも、仕事量が増えやすい。僕は、週末の引率に忙殺されていた。「若いし独身なんだから、やって当然でしょ」。40代半ばのO先生をふくめ、そういった空気やセリフは職員室で日常的だった。

これはいかがなものか! 強がりじゃないのだけど、僕は一生独身でいたいし、子どもをつくるつもりもない。

でも、ここで腐っちゃ部員がかわいそうだ。新任の僕は、O先生から部活指導のイロハを学びながら、顧問としての発言権を拡大していこうと努めた。

それもこれも、部活の中で改革したい目玉が一つあったから。

それは、「部員は坊主」という原則の緩和だった。

改革を決心させた、ある部員の頭

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
教室では言えない、高校教師の胸の内

海老原ヤマト

一般企業に就職した後、私立高校で先生をすることになった30代前半の新米教師が、学校内で起こるさまざまな出来事を綴っていきます。教室や職員室での悲喜こもごも、そして生徒の言葉から見えてくる、リアルな教育現場とは?

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kabaddi2480 無料で全編読めますね 3年弱前 replyretweetfavorite