ブッカー賞・チュチェ思想・建築家の役割

今回の「新・山形月報!」は、デイヴィッド・ミッチェルの大作『クラウド・アトラス』(河出書房新社、上下)に始まり、同『ナンバー9ドリーム』(新潮社)、高安雄一『隣りの国の真実 韓国・北朝鮮編』(日経BP社)、ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』(草思社文庫、上下)、隈研吾『小さな建築』(岩波新書)、伊東豊雄、乾久美子、藤本壮介、平田晃久、畠山直哉『ここに、建築は、可能か』(TOTO出版)が論じられています。本好きは必見ですぞ!

はい、皆様、予告通りデイヴィッド・ミッチェル『クラウド・アトラス』(河出書房新社、上下)を読み終えましたよ。が……期待したより、かなり薄い本だった。薄いというのは、もちろん厚みではない。上下巻あわせて700ページ以上になるだろう。そして、その中に6つの物語が詰め込まれている。物理的には分厚い。

でも、ぼくが薄いというのはその中身であり、その世界に対する見方のことだ。本書のテーマは実に簡単。強いやつが弱いやつを食い物にする世の中はよくない、という代物。つまり、弱い者イジメはいけません、というだけの話だ。本書にそれ以上の深みはまったくない。これだけのページ数をかけて、言うのがたったこれだけ? いや、ぼくは一読して「これはひょっとして原作ではなく、映画のノベライズなんじゃないの?」と思ったほど。

クラウド・アトラス 上
クラウド・アトラス 上

複雑な構成だと言われているけど、ぼくはそれほど複雑だとは思わない。話は、アマゾンの紹介にもある通り「19世紀の南太平洋を船で旅するサンフランシスコ出身の公証人。第二次大戦前のベルギーで天才作曲家に師事する若き音楽家。1970年代のアメリカ西海岸で原発の不正を追及する女性ジャーナリスト。現代ロンドンでインチキ出版社を営む老編集者。近未来の韓国でウエイトレスとして生きるファブリカント。遠い未来のハワイで人類絶滅の危機を迎える文明の守り手」という6つの話があって、そのそれぞれは別個の話だけれど、たとえば公証人の航海記が音楽家に霊感を与え、その音楽家の曲がジャーナリストを勇気づけ、編集者の話は実は映画として韓国のファブリカント(クローン人間)の唯一の慰めとなり、そのファブリカントが遠い未来の戦争と文明退行後のある若者を導く、という仕掛け。

それぞれに強者が弱者を食い物にするエピソードがあり、それに抵抗する人々が物語の軸となる。エピソード自体は各種の時代考証や舞台設定などで凝っている。でも中心的な考えは「弱い者いじめいけません」というに留まるため、どれも非常に浅はかだ。日本の最近のアニメですら、一方的に強くて悪いと思われた人々にも、実はそれなりの事情と背景があり決していちがいに善玉悪玉と言えるものではない、というくらいの深みは持つ。

が、本書の話はそれが皆無。そしてもちろん、弱い者いじめはいろんなところにあるし、それをなくす努力はすべきなんだけれど、彼の世界や歴史理解だと、世の中ってそれだけで動いていると思ってるのね。でも世界ってそんなに単純なものじゃない。それがないために、ぼくから見れば本書は6つの物語を結び合わせる必然性があまりに薄くて、浅はかな通俗小説を束ねただけのものになっていると思う。

つまり、それぞれの通俗小説は、ビクトリア朝航海記や芸術家の悲劇、ミステリーサスペンス(原発糾弾ジャーナリスト)、コメディ(編集者)としてはまあまあの出来で、特にSFというべき2つの話はレベルが高く、涙が出そうな場面も多い。が、それもあくまで創作技法としての話。SF部分の造語とか別時代の言語創作などは見事だし、それをうまく表現した翻訳も賞賛されるべき。そして個々の話の長さならば、弱い者いじめ批判という単純なテーマでもいい。いや、各々の物語は中編くらいの長さだから、むしろ個別にはポイントを一つにしぼるほうが正解なのだ。でも、それを長編としてまとめるのであればそれだけではもたない。共通する痣とか、細かいネタの相互参照以外に、その論点の掘り下げ、複雑化をしないと。短編集としてならこれでもいいけど……。

驚いたことに、これはイギリスの権威ある文学賞ブッカー賞の最終候補に残ったとか。これまでブッカー賞の見識は高く評価していたんだけれど、レベルが落ちたものだ。本書の帯で言う21世紀文学の金字塔というのが、何の冗談なのかはわからないが、おそらく3年後には忘れられるだろう。ぼくはブッカー賞を信じて本書に期待していたので、著者の前の作品『ナンバー9ドリーム』(新潮社)も買ってしまったんだよな。でも読まないかも。原著は結構売れているみたいだが、何かみんなかんちがいしていると思う。映画は……絶賛と罵倒の両極端にわかれるそうな。でも、原作よりも各エピソードをつなぐ仕掛けが増えているらしいので、ひょっとすると原作よりいいかも? ぼくはそう期待している。

さて、『クラウド・アトラス』の中で最もできがいいエピソードは、近未来の韓国を舞台にしたクローン人間反抗の物語なんだが、実は読んでいくと、「近未来の韓国」というのは、北朝鮮が南朝鮮と日本その他一帯を占領して、チュチェ思想と企業資本主義を融合させた変な思想の世界なんだということがわかってくる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tabino_konomi クラウド・アトラスは駄作なのかね。前作のナンバー9ドリームも、 5年以上前 replyretweetfavorite

atreuske 第一一回  5年以上前 replyretweetfavorite

die_kuma 贅沢な山形浩生さんの書評連載からは第七回 第一一回を!|山形浩生| 5年以上前 replyretweetfavorite

okbc99 "「近未来の韓国」というのは、北朝鮮が南朝鮮と日本その他一帯を占領して、チュチェ思想と企業資本主義を融合させた変な思想の世界なんだということがわかってくる。" / “第一一回  5年以上前 replyretweetfavorite