ブス図鑑

ボタニカルブスは「パッとしない自分を変えたい女のために作られた新スタイル」

「ナチュラル」「オーガニック」「無添加」…。
言葉の響きだけでもう、身体に良さそうな感じがしませんか? 「ブス」という言葉が、槍のごとく降り注ぐこのコラムですが、たまには爽やかな風を吹かせたいと思います。
季節ごとにブスが発生するように、流行に沿って出てくる新たなブス。 というわけで、最近注目されていた「ボタニカル」をブス越しに見ていきましょう。
今夏の清涼剤に…なるわけないか。

ボタニカルブス? 左手をサブマシンガンに改造しているブスか何かかな?

今回のテーマは「ボタニカルブス」である。

〝である〟とは言ったが、自ら決めたテーマではなく、当然担当が提案してきたものであり、当方、「ボタニカル」などという言葉は、今回初めて聞いた。
何やら近未来の香りがするので、左手をサブマシンガンに改造しているブスか何かかな、と思ったら、その意味は全く真逆であった。

<ボタニカル:「植物の」>という意味。「植物の力を取り入れて活力を得る」などの意でも使われる。

まず、「こいつは強いな」という印象だ。従来からあった、「オーガニック系」の意識をさらに高い所にトバした感がある。さらに古より、オーガニック系と肩を並べてきたスピリチュアル系も入っている気がする。長い間、微妙な距離を取っていた両者が手を組んだら、そりゃ「俺たちは手ごわいぜ?」という話だ。

実際、ボタニカルというのは、ただ植物性のものを規定量の二倍食ったり、顔面に塗りたくったりするだけではなく、インテリアや服さえも植物柄にして、全方位から、植物パワーを取り入れ、新世界の神となり、人類を粛清する。

という発想ならまだいいのだが、たぶん、他の「〇〇系」と同じく、「パッとしない自分を変えたい女のために作られた新スタイル」である。

所謂、自然志向、健康志向の一つだ。
前に「最終的にものをいうのは、健康」と書いたので、健康を目指すのは良いことではないか、と思われるかもしれないが、「健康志向」と「健康志向というファッション」は、「かりんとう」と「ウンコ」ぐらい違う。

懐から泥つき大根と自家製味噌を出して、黙々とかじっているブスなら本物

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pepepeperu |カレー沢薫 @rosia29 |ブス図鑑 賞味期限ギリの生の豚肉(ブス)は笑うw https://t.co/kyV1LYsnuu 2年以上前 replyretweetfavorite

futo4_ 有料登録したくなる力がある 3年弱前 replyretweetfavorite

mochiko212  蛮族ママよりボタニカルブスのほうがクリーンヒットする 3年弱前 replyretweetfavorite

kino8632 パスコードのライブ、さっき注文した馬刺し、楽しいオタクと遊ぶこと、そしてこの連載だけが今の私の生きるモチベ。 3年弱前 replyretweetfavorite