夏バテ予防に!ビールや焼酎とも合う大人のほろ苦スープ

強烈な苦味でおなじみのゴーヤ。ビタミンCやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれているほか、苦味成分には胃の粘膜保護や疲労回復といった効能があるそうです。今回はそんなゴーヤの苦味を楽しむ大人のほろ苦スープをご紹介。塩と豚バラ肉のうまみがゴーヤ本来のおいしさを引き立てます。ビールや焼酎にもあう、ゴーヤのさわやかな苦味がクリアに澄んだ味わいをどうぞ味わってみてください。

夏の盛りに爽やかでクリアなスープを

今回は、ゴーヤをシンプルに味わうための夏スープです。

具材は、ゴーヤ豚バラ肉だけ。調理時間も下ごしらえから正味15分もかかりません。でも、ゴーヤ本来の強烈な苦味をうまくひきたてた、クリアで味わい深いスープなんです。

ゴーヤの強烈な苦味が苦手な人もいるかもしれません。 でも、食べ慣れるとその苦味は爽やかさ、青臭さはフレッシュさとして魅力的に感じられるようになっていきます。そのうえゴーヤの苦味成分には、胃の粘膜保護や疲労回復といった効能もあるとのこと。

暑い盛り、ビールや焼酎などとも合う大人のほろ苦スープで、ゴーヤを楽しんでみませんか?

それでは、レシピをどうぞ。


ゴーヤのスープ

材料(3~4人分)
ゴーヤ  中1本(約250g)
豚バラ肉(薄切り) 100〜150g
ごま油 大さじ1
昆布 10cm ※顆粒のだしを使ってもOK
水 800ml

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

leoundmax ゴーヤは残念ながら手にはいらないのだけど、このスープを取っておいて、材料をさっと茹でるという技は使える。またしても目から鱗> 約3年前 replyretweetfavorite

ayumikizuka うーん…頭が蒸発しそう……しんどい。これはいいかもしれない https://t.co/ihL9tfvegC 約3年前 replyretweetfavorite

yamabiko_1210 今日は、昨日の作りおきのイカ大根。 1日置いて味がしっかり染みた、おいしい\♡/ 豚バラなかったから、お豆腐を。 #スープ365 #お腹ペコリン部 https://t.co/ETB5L4ku7F 約3年前 replyretweetfavorite

h_sato00 事務所でゴーヤ貰ったからこれ作る。 約3年前 replyretweetfavorite