第1回 これであなたもSF考証になれる!? 新人のためのチュートリアル

2014年、「ランドスケープと夏の定理」で第五回創元SF短編賞を受賞してデビューした作家の高島雄哉氏。その新鋭が、来る10月にイベント上映されるサンライズのSFアニメ『ゼーガペインADP』のSF考証をすることに! アニメの現場をレポートしていただく本連載の第1回では、スタジオで行われた会議の模様とともに、なぜ高島さんがSF考証を引き受けることになったかの経緯を語っていただきます。

■サンライズ

荻窪からのバスを降りた正面には、ガンダムの銅像が晴れた空に手を伸ばしています。駅のホームから「翔べ!ガンダム」の発車メロディが聞こえてくることも。上下線で、別の部分が使われているのでお時間ある方は聴き比べてみては。

商店街を歩いていると、いたるところにサンライズ作品のポスターやシャッターのペンキ絵があって、上井草のサンライズ愛を感じずにいられません。


写真:著者撮影


■初めての打ち合わせ

メールで届いた地図を見ながらサンライズのスタジオへ。おそるおそるドアを開けると、プロデューサーの松村圭一さんと設定制作の泉英儀さん。直接お会いするのは初めてなので名刺交換。よろしくお願いします。そして会議室には下田正美監督とデザインディレクターのハタイケヒロユキさん。お二人にはちょっと前に御挨拶しました。これから一緒に仕事をすることになるみなさんです。本連載でもお世話になっています。

監督は作品のすべてを把握し、各パートからの意見をまとめ、どのアイデアをどう使うかなど次々に判断していきます。そのスピードには初日から驚かされました。議論が混乱し始めても、すぐに監督によって速やかに論点が整理されるのです。デザインディレクターのハタイケさんの話では、下田監督くらい思考の速い監督は会ったことがないとのこと。そういうハタイケさんも、作品内のデザインがより効果的に見えるためのアイデアをいくつも提案していきます。

プロデューサーは製作の日程や予算を管理して、「作品のどこにどれくらいのカロリーをかけられるか」を調整します。より良い作品になるよう、製作全体を統括するのが松村プロデューサーなのです。設定制作の泉さんは各種打ち合わせが円滑に進むよう、ありとあらゆる手配をします。設定資料の整理や各パートの進捗状況の管理、打ち合わせの議事録作成など、設定制作の仕事は膨大です。

■SF考証の領域

SF考証は作品世界の法則そのものを決定する仕事です。たとえば年代設定は、その世界の科学力や社会基盤のレベルを決めるという意味で、SF設定の典型であり根幹であると言えるでしょう。登場人物の衣食住から思想まで、あるいは作品の世界観や物語の構造についても、SF考証はできるかぎり細部まで理解した上で、世界を設定しなければならないのです。



©サンライズ・プロジェクトゼーガ


■SF考証になるまで
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
世界を設定する SFアニメ現場レポート

高島雄哉

SF作家による、サンライズのSFロボットアニメ『ゼーガペインADP』の製作現場レポート!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yutaarai 課金・・・ 3年以上前 replyretweetfavorite

uchikoga 『ゼーガペインADP』を題材に、[SF考証]という役割を紹介する連載が更新されています。「へぇ、なるほど」と読み進めると最後に突然、SF作家らしい急展開が! 第1回 これであなたもSF考証になれる!? 新人のためのチュートリアル https://t.co/bnpAmqzT8y 3年以上前 replyretweetfavorite

nobyta_ 初回は挨拶だけで終わってしまったw 3年以上前 replyretweetfavorite