でんぱ組.incを一つのジャンルにしたい」最上もが

でんぱ組.inc連載、最後を締めくくるのは、先日白泉社主催「NEXTグラビアクイーンバトル」で見事優勝を果たし、ヤングアニマルの表紙も話題になっている最上もがさん。アイドルとしては異質な金髪ショートの美少女。引きこもりのネトゲ廃人から、スポットライトの下に出てきた彼女の決意とは。新しい一歩を踏み出した少女の物語です。

 最上もが(もがみ・もが)
 162cm 2月25日生まれ
 でんぱ組の異端児として、ミステリアスな魅力を放つ金髪ショート美少女。
 特技は生け花。
 ニックネーム:もがたんぺ、がーもー
 キャッチフレーズ:金色の異端児
 テーマカラー:紫
 ヲタクジャンル:ネットゲーム
 2011年12月25日加入

 ブログ:もがたんぺぺぺ
 Twitter :mogatanpe


ずっと ずっと ひきこもって ネトゲやってた
両手じゃ足りないから ファンクションキー足で押してた

学校に馴染めなかった小中学校時代

ぼくはあまり学校がすきではありませんでした。小学校高学年になるにつれて、女の子特有のグループ行動、というものがでてきて、いろんな子と話したかったぼくは、結局どこにも入れず、友達とうまくいかなくなりました。今思えば、この時から一人で行動することが多かったと思います。辛くなるとすぐ保健室にいくようになりました。自分が嫌だなと思うと本当に体調が悪くなって、お腹が痛くなったり、熱が出たりしてしまう。

運動は好きだったので、必ず入らなきゃいけない学校の委員会や係は、よく体育を担当してました。みんなの前にたって運動会を進行したり、クラスのみんなをまとめようとがんばったりして。でもあまり学校には馴染めませんでした。

変わるきっかけは部活動でした。中学生になり、ぼくはバスケ部に加入しました。入ってしばらくすると、やはりまた女の子特有の派閥みたいなものができはじめ、ささいなことがきっかけで友達から無視され、人の顔色をよく伺うようになりました。

昨日まで仲良くしていたと思っていた友達が、きょうはすごく冷たい。とても悲しくて辛かった。でも理由もわからない、こわくてきけない。学校は義務教育だから、がんばっていかなきゃいけない。親に迷惑をかけたくない。

不登校、というものが、ぼくの中では「してはいけないこと」だと思っていたから、長期間休むことはなかった。あれこれ理由をつけては保健室にいき、早退が増えたのはこのころでした。

こんなんじゃだめだ、とわかっていても……

ちょうどそのころハマりだしたのがネットゲーム。相手の表情もみえない、文字には感情がのりづらい、やり直しがきく。家にかえってパソコンをつけると、話し相手がいて、楽しくゲームができる。どんどんのめりこんで、そこだけが心地いい自分だけの世界になっていったんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
生きる場所なんてどこにもなかった—「W.W.D」発売記念連続インタビュー

でんぱ組.inc

いま大注目を集めるアイドルグループでんぱ組.inc。彼女たち自身が新しい代表曲と胸を張る「W.W.D」は、アイドルとしては異例の経歴を持つ彼女たちのドキュメンタリーソングです。この連載では、歌詞には描ききれなかったこれまでのこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wop_528 好きやわー、最上もが 3年以上前 replyretweetfavorite

Leventseleve もがさんの経歴について少しわかります> 3年以上前 replyretweetfavorite

pipo_st_sg 毎日勉強して空き時間はこういうの見て過ごしてる 4年弱前 replyretweetfavorite

__v0u0v また全部無料で読めるよ〜 このインタビュー好き 4年弱前 replyretweetfavorite