横浜1963

これは『Blowin’ In The Wind』という曲だ

日系3世のショーン坂口は、横須賀で妻と子供と暮らしていた。
その日出会った、自分とまるで真逆の境遇にあるハーフの日本人警官の存在が気になっていた。

 八月四日の日曜日、ショーンとアネットは、基地内のチャペルで牧師の講話を聞いていた。いつもと違うのは、その後にロドニー・エイキンス中佐が登壇したことである。
 エイキンスは横須賀基地所属なので、これまで何度か擦れ違ったことはある。しかし挨拶をしたことがあるくらいで、口を利いたことはない。むろん講話を聞くのも初めてである。
 ──そういえば、アンソニーが戦友だと言っていたな。
 エイキンス中佐は、ショーンの上長にあたるアンソニー・キャンベル中佐と同年代で、朝鮮戦争を共に戦った仲だと聞いたことがある。
「あの方は、基地内の日本語学校によく来ていたわ」
 アネットが耳元でささやく。
「そうなのか」
「ええ、優しい方よ」
 エイキンスの講話は朝鮮戦争時のもので、兵士たちが、いかに神を信じて正々堂々と戦ったかを熱く語った。その間もアネットは、エイキンスのことを繰り返し耳元で囁いている。
 講話が終わると、万雷の拍手が起こった。
 やがてこの日の礼拝が終わり、皆、三々五々、チャペルを後にした。
「アネット、先に帰ってくれないか」
「どうして」
「中佐の話に感銘を受けたので、挨拶だけでもしておこうと思ってね」
「分かったわ。でも、Navy Exchangeで食料を買っていくからクルマは使うわよ」
 Navy Exchangeとは、横須賀基地内のコミサリーのことである。
「構わない」
 ショーンは親愛の情を込めて妻の肩を抱くと、その体を出口の方に向けた。アネットは不服そうに頰を膨らませたが、何も言わずに歩み去った。仕事絡みで何かがあると察しているのだ。
 それを確かめてから祭壇の方を振り返ると、ちょうどエイキンスが、こちらに向かってくるところだった。
「エイキンス中佐」
 ショーンが右手を差し出すと、エイキンスが固く握り返してきた。
「確か、アンソニーのところの──」
「はい。ショーン坂口兵曹長です」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
横浜1963

伊東潤

剛腕作家・伊東潤の新境地、本格社会派ミステリー『横浜1963』がcakesにて連載スタート! 戦後とは何だったのか。その答えは1963年の日本と米国が混在する街、横浜にあった。横浜で起こった殺人事件を通して、日米関係の暗部に焦点を当...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント