第9回】華やかに見える仕事

医師、パイロット、キャビンアテンダント、そして芸能人。「高収入」「カッコいい」「モテる」イメージのある、いわゆる花形職業も、実情はおいしい一方とは限らない。

 【医師】
年収1000万円は超えても
盆や正月もなしの激務で疲弊

 「小児科や産婦人科ばかり取り上げられるが、われわれのほうがもっと厳しい環境を強いられている」

 東京都内のある民間病院に勤務する40代の医師はこう嘆く。

 この医師の担当は呼吸器内科。肺がんや肺炎はもちろん、肺結核、気管支ぜんそく、そして寝ているときに突然呼吸が停止する睡眠時無呼吸症候群に至るまで、対象となる病気は幅広い。

 たとえ、担当外の別の病気にかかっている患者であっても、途中で肺炎など呼吸器系の症状が出れば声がかかる。中でも高齢者は肺炎を併発するケースが多く、時間を問わず頻繁に呼び出される。

 それでなくても勤務時間は長い。朝6時に自宅を出て、食事を取る暇もなく診察をこなし、帰宅できるのは日付が変わった翌日の午前1時。患者の容体が急変すれば泊まり込みなんてこともざらだ。

 にもかかわらず、医師の数は極端に少ない。図2‐9をご覧いただけば明らかな通り、昨今、医師の少なさが叫ばれている小児科や産婦人科の比ではない。

 「1人当たりの患者数は群を抜いており、土日はもちろん、盆や正月もほとんど休めない」(前出の医師)ハードさだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
給料と仕事 将来比較【Part 2】給料が増える仕事 減る仕事

週刊ダイヤモンド

世の中には多種多様の職業がある。職業の数に合わせて、給料も千差万別だ。では、いったいいくらぐらい稼いでいるのだろうか。話題の仕事や人気の職業を中心に、最新の、そして今後の給料事情を探った。 ※この連載は、2012年7月14日号に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード