あなたは記号じゃない~障害者施設殺傷事件、被害者の実名報道の是非をめぐって

7月26日、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」に元職員の植松聖容疑者が刃物を持って侵入し入所者19人を殺害、26人に重軽傷を負わせるという事件が起こりました。この事件は戦後最大の大量殺人となりあらゆる方面から多くの議論を呼んでいます。牧村さんの地元でもある相模原で起こったこの事件に、牧村さんはどう向き合っているのでしょうか。

あの子の名前を知らないままだと、今でも時折考える。

その時私は5歳くらいで、地元のデパート・イトーヨーカドーの屋上で遊んでいた。あまり光景が思い出せない。ただ覚えているのは、強い恐怖と、あの子の歌だ。

“まくら たべたい カルシウムになるよ”

3拍子の歌を歌い身を揺らしながら、私よりもだいぶ大きなあの子は私に近づいてきた。意味不明だった。顔は私に向いているのに、黒目は天井を向いていた。体が震えた。私は混乱し、火がついたように泣いて逃げ出した。

その後の記憶が私にはない。大人になってから聞いたのだが、私が逃げたあと、私の親はあの子の親に平謝りしたらしい。あの子は、私の入った小学校にいた。すでに高学年だったあの子を怖がったり、じろじろ見たりする一年生たちに、先生はこう言った。

「障害のあるお友だちとも、仲良くしましょうね」

そんな私の地元・神奈川で、事件は起きた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

puremind1994 あー、被害者の人となりを報道する姿勢って、アメリカもか…。 約3年前 replyretweetfavorite

misa_Ardbeg |牧村朝子 @makimuuuuuu |女と結婚した女だけど質問ある? 約3年前 replyretweetfavorite

Fourhouseorz 「植松聖は目の前の人間を“重複障害者”としてしか見られなかったようだ。が、亡くなられた方の名は“重複障害者”ではない。女性(19)でも男性(66)でもない。」 https://t.co/zfJh0UEUzO 約3年前 replyretweetfavorite

andou0725 被害者の実名報道には反対の立場ですが、説得力のある良記事でした 約3年前 replyretweetfavorite