神社の迷宮

第25回】清水祥彦(神田神社(神田明神)権宮司)インタビュー

常に時代の変化を敏感に察しながら柔軟に対応していく。こうした姿勢なくして神社が生き残っていくのは難しいでしょう。

 核家族化や少子高齢化に加え個人主義が広がり、人や地域とのつながりが希薄化しています。こうした影響を受けて、今、神社は大きな危機にひんしています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
神社の迷宮

週刊ダイヤモンド

約10万社が存在するといわれる神社界で、優勝劣敗の二極化が進んでいる。ピラミッドの頂点に立つ伊勢神宮は、政財界との太いパイプを駆使してパワーを発揮している。その一方で、“名門”でありながら経営難に悩む神社は少なくない。国民の神社や神道...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません