ブランド研究⑥】パイロット フリクション ボール

文房具の名門とも言うべき、誰もが知っているブランド、そしてお馴染みのあの商品たちを次々に、徹底的に研究しちゃいます。

書いて消せるペン「フリクション」シリーズは世界に先駆けてフランスで爆発的にヒットしていた

開発のきっかけは「紅葉」30年の改良で筆記具へ進化

書き損じ屋さんの救世主「フリクション」。これ、実は30年以上の開発で生まれた超大器晩成なペンなんです。

さかのぼること1975年。インキの研究者が紅葉を見て「この自然現象を、インキで実現したい…」と思い、温度で色が変わる「メタモインキ」を開発。冷たい飲み物を入れると絵が出る「魔法のコップ」や、ロス五輪チケットの偽造対策などに使われました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
文房具が大好き!

ケトル

「最高に、無駄がつまったワンテーマ・マガジン」をコンセプトとした、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第4弾のテーマは「文房具」。どれだけPCの時代と言われようと、「書くこと」から離れられる人なんていないはず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません